2017年10月8日日曜日

大入林道・梅ノ木林道



日の出町の林道って・・・

「つるつる温泉」から梅ノ木峠に上る道以外、今年に入るまで走ったことが無かったのですが・・・
春に行った日の出山の道といい、今回のといい、えげつない坂ばかりなのですね。。。
最近は本格的な登山に移行されたタマチャリんさんが、かつて極められた領域ですが、地図開くとどうしても檜原や奥多摩に目が行ってしまい、全くの盲点になっていたのでした。

      どエライ強敵揃い、みたいです。。。





お盆が明けた翌週の初め、三時に目を覚まして走り始めました。
美ヶ原を目指し失敗に終わったライドや、十石街道ダラダラ下りライドで、体力不足が深刻であることを感じたので、先週は珍しく、朝真面目に走ってました。この日もCRトレーニングで終わらせるはずだったのですが、発作的に、タマチャリンさんのブログで見た場所に行きたくなってしまい、少し行き脚を延ばすことにしました。もっとも、夜に予定があるので、午後早い時間には帰ることができる距離なのですが。
先週、真夜中に二度走った町田街道を、今日もまた北に走り、五時に高尾駅を通過。霊園の坂やら戸沢峠やらでいつも通り泣きながら、秋川街道から山田通りへ。五日市に行く時はいつも小峰トンネルを通っていたのですが、山田通りは楽でいいですね。ぶったまげるほど高い山田大橋で秋川を一跨ぎ。流れに近い秋川橋へと降ろされる小峰ルートに比べて、アップダウンが格段に少なく済む印象です。六時に武蔵五日市。駅前のセブンイレブンで朝食とドリンク類を買うと、レジのお姉さんが「登山ですか?お天気最高ですね。いってらっしゃい!」と、嬉しい言葉を掛けてくれました。いつ来ても、ココの接客は気持ちよいです。コーヒーを飲んで眠気をとばし、取り合えず目指すのは二ツ塚峠。いくらぶたさんでも、ここは大丈夫でしょ?・・・と上るまでは思っていたのですが、早くもインナー×ローの出番だったりして・・・orz





早速、峠の切り通しに積まれた、玉石垣に目を走らせます・・・というのも、北側の法面・石垣の切れた場所にトレイルの入口があり、這い上がった先のハイキングコースがなかなかの天国と、噂に聞いたからでした。タマチャリンさんが記事にされていた赤っこから絶景を眺め、先輩方も記事にされている馬沢峠から畑中に下れば、手軽で充実した半日コース(だから、無理して写真写りの良い日を選んだのです)になる筈。そんな訳で、ハイキングコースの道標か何かないかと目を皿にして探し回ったのですが・・・見つかったのは藪に埋もれそうなケモノみちだけ。試しに途中まで上ってみたものの、道は消えてしまいそうだし、何より自転車抱えてココを上るのは・・・

尾根に近い場所にガードレールが見えたので、或いはアレかと、入口を探して峠から青梅側に下ってみますが・・・それらしい場所を見つけることは出来ず。結局、滝山街道まで降りてしまいました。

それでは、馬沢峠への上り口を見つけるべぇとばかり、畑中まで走ってみますが、やはり、入口が分からない。ここまで手掛かりが無いとは思いませんでした。う~ん、参った。二ツ塚峠まで上り返すのも面倒だし、多摩サイ下って帰るかぁ~?
・・・やっぱり、手ぶらで帰るのも悔しいなぁ~・・・でも、大ダワ上る時間は無いし・・・奥多摩方面に自転車を漕ぎながら、考えを漂わせていると、春に麻生山から眺めた景色が心に浮かびました。梅ノ木峠から、東に延びる尾根に刻まれた道。あの林道も確か、タマチャリンさんが記事にされていたっけなぁ~・・・確か、梅ケ谷峠に出られるって、読んだ記憶が・・・





よしッ!久し振りに梅ノ木峠に上るか!雲一つない天気だし、伐木が進んだ峠からの眺めも、キレイに撮れる筈。例の道についてはタマチャリンさんも、あまり芳しいことを、お書きになっておられなかったけれど・・・

てなわけで、梅ノ木峠へ転進。方針も決まったので某コンビニで水分追加。こっちの接客は機械的でした(^ ^;)
えっちらおっちら吉野街道を西に進んで、七時半に軍畑。大入線の入口が分かるか心配でしたが、七年前迷いつつ進んだ風景を無事、思い出すことが出来て、十五分ほどで薄暗いゲートの前に辿り着きました。早速いつもの儀式を執り行ってから、岨端沢に沿って上り始めます。




七年前走った時には、この沢の名前が読めませんでした(>_<;)「そばざわ」って読むのね。暗い沢ですよ。苔生した岩が転がってて、「オッ!」とか思うけど、よく見るとゴミが引っ掛かってたりするし。後で書きますが、過去のある時期に不法投棄が多かったらしく、そのせいでゲートが設けられたのかも。水辺に白い花が咲いているのですが、とても降りて確かめる気にはなれません。。。
素っ気ない駒留を持つ橋とか、玉石積の石垣も苔生していて、湿気が多いのだか古いのだか分りませんが、所々に雰囲気が良い場所もあります。殆んどが杉林ですが、下草が延びて鬱蒼とした感じ。舗装はとっても荒れ気味です。
沢から這い上がると、今度は投棄された廃車。二台ある筈ですが、七年前に来た時にあったポンティアックは、完全に藪草に飲み込まれたのか、見ることが出来ません。ボンゴの方はご覧の通り、酷いことになってて・・・
九月になってから行った奥多摩の某林道にも廃車墓場みたいな場所があって驚いたのですが、山にクルマ捨てる皆さまはどうぞ、チコ腐り落ちるようなビョーキにお罹りあそばされ、苦しみながら死んで戴けると幸甚に存じます。私も暑さに悶えながら、峠の鉄塔をヤブにらみ。ハンドルをフラつかせながらも何とか這い進み、九時前に梅ノ木峠に到着。距離4.6キロ×標高差390mに一時間ちょっと掛かってしまいました・・・しかもホントはちょっと、押しました・・・(>_<;)
七年前も一時間ちょっとだったので、七つ歳とっても体力落ちていないと喜ぶべきか、七年余計に自転車漕いだのにちっとも進歩していないと悲しむべきか。






なんとなく、日ノ出町は「奥多摩」というよりも、「多摩の西のはずれ」みたいな思い込みをしていたのですが・・・こうして梅ノ木峠に立って見渡すと、立派なお山という感じです。南側が伐採されていて見晴らしが良いので、630mという標高よりも高い場所にいるように感じます。

正面に麻生山。金毘羅尾根の向こうにポコポコ頭を出しているのは、馬頭刈尾根のつづら岩とかあの辺りっぽい。あとで梅ノ木林道を少し下ると、西に大岳山とか日の出山も見えるようになりました。七年前は山肌に地面の色が見えていた伐木の跡。植えられたばかりの苗木だったものが今や立派に成長し、杉林らしくない瑞々しい若葉色が山肌を覆っています。抜けるような青空。写真を撮るという点では期待通りですが、それなりにアチィっす。






十五分ほど眺めを楽しんだので、そろそろ下りますか。梅ノ木峠は五つの方向から道が合流していて、軍畑からつるつる温泉へ、南北に峠を通過する舗装路は七年前に経験済みの大入林道で、西の尾根伝いの道は日の出山への登山道・東に向かう道はトレイルと林道とがあって、左のトレイルは琴平神社を経て吉野梅郷へ下るとのこと。こちらも面白そうですが、タマチャリンさんの記事を拝見する限り、私の手に余りそう。

今日走るのは右の林道で、 やはりタマチャリンさんの記事で、反対側(都道大久野青梅線の梅ケ谷峠)へ抜けることが出来るのは予習済み。メンタル弱いチキンさんなので、抜けられることが分かっている道にしか、踏み込みませんっ!∠(・`_´・ )ビシッ!!
入口はコンクリート縞々のヤツですが、舗装された幅の広い道ですし、気楽に走れるでしょ!・・・と思ったら、すぐダートになってしまいました・・・(^ ^;)







藪って書いたら大げさになりますが、路面に生えた草が結構な丈まで茂っていて、ちょっと不安。二条の轍がしっかり残るので、間違いなく頻繁に使われている感じではありますが。梅ノ木林道は平井川北側の尾根沿いに、東西に延びるので、梅ケ谷峠方面に進む場合はほぼ、下り基調。なので、ペダルはあまり、漕ぐ必要はありません。時々転がっている落石と、水溜まりに注意する位で、ソロソロ下っている間はブレーキレバー握る以外、特にやることもありません。ガタガタ道ですし、下を並行して走る都道(奥多摩あきる野線)に比べ、尾根沿いに走る分余計クネクネするので、快走というわけにはいきませんが・・・逆に、梅ノ木峠目指して上る場合は大変でしょうね。タマチャリンさんも同趣旨のことを書いておられましたが、ずーと杉林で、景色に変化がありません。幹の間から時折、都道添いの集落が見えた時など、意外なほどの山深さと、家々の屋根までの高度感を味わうことはできますが・・・

三十分ほどでダートは終わり、舗装路に突き当たりました。ここまでが梅ノ木線らしい。GPSを確認すると、梅ノ木峠から4.3キロ・219m下って標高420mの現在地まで降りてきました。平均勾配は5.1%と、やはりブレーキレバーの握り具合から想像したのよりも大きい。それだけ路面が荒れていたってことでしょうか・・・?






突き当たった舗装路は、左に向かって下っています。・・・ので、本能的に左へ・・・(>_<;)帰ってから調べると、右は再び尾根上に出て、反対に乗り越せば春に通ったこの場所に、尾根伝いに下ると、ロンヤス会談の日の出山荘の上とか白山神社の奥宮を通ってかやくぼ交差点の近くに降りることが出来るらしい・・・ 噂には聞いてましたが、やはり西の入・ホオバ沢線、只者ではなかったっス。「ブレーキ効かないっ!」・・・と、心の中で叫びながら森の底を下ると、ほどなく、梅ケ谷峠へ出ました。十時十分前、今日も宿題を残してしまったけれど、時間もないし帰ろうかな。

山田通りは五日市の方から走っても楽チンです。美山街道を走る根性が残ってないので、秋川街道をダラダラ下り、八王子ラーメンの有名店に吸い込まれました・・・
開店十五分前に着いて、みるみる行列が出来ましたが、お味の方はまあ・・・普通?・・・でも、おかげさまで工学院の坂を上るエネルギーは戴きました!







大学生チームの練習らしい、トレインにバンバン抜かれながら、炎天下の町田街道で脂出し汁を絞って、十三時に帰宅。

100キロ越える自走ライドは実に、六月の奈良倉山以来だったのですが、三ヶ月サボるとゼロに戻るどころか、マイナスに堕ちてしまいますね・・・(>_<;)

ブタなので、全身汗まみれというか、アブラまみれになりまして・・・(バラチャーシュー麺食べちゃったし)

めでたく、唐揚げ色に日焼けした一日でした・・・(>_<;)









こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
梅ノ木峠(岨端沢林道・大入林道)←新タブで2010年10月23日付記事が開きます。
大ダワ・鋸山林道←新タブで2010年10月23日付記事が開きます。
麻生山林道・麻生山←新タブで2017年5月10日付記事が開きます。
七代の滝・ロックガーデン(御岳山岩石園)・大岳鍾乳洞・大岳沢大滝←新タブで2016年9月14日付記事が開きます。






2 件のコメント:

横尾寿秋 さんのコメント...

随分と迷走された後に梅ノ木峠に行ったんですね~
日の出山界隈はほとんどの道を走破しましたけど、
結局良いのは日の出山の山頂くらいです。
後は、養沢の柿平便所コースというのがありまして
その道は素晴らしいですけど、
自転車担ぐには拷問の様な道でした!!

赤ぼっこは良い所ですよ!
ココはお薦めです!
行き方は吉野街道からですと畑中のセブンでチョイと
休憩して、そのまま吉野街道一本奥の道を奥多摩方面に向かって進んでいけば突き当たります
途中一回吉野街道に出そうになりますが、そこから再び山に向かう道があるので
めげずに進んで下さい!

梅ケ谷峠を曲がって直ぐの脇道ルートもありますが、こっちは色々とキッツィですよ
赤ぼっこは馬引沢が一番ラクですね~

ボラザぢぃ さんのコメント...

タマチャリンさま

吉野街道から馬引沢峠への行き方、本当に参考になります!!
この辺り道標の一つでもないかと思ったのですが、何もないんですよね。甘かったです・・・(>_<;)
こういう情報が一番有り難いですm(_ _)mメモメモ・・・

柿平便所コース(笑)から日の出山の記事拝読しました。標高差400m位担ぎ上げですよね{{(゚Д゚;)}}隣の例の不通都道コースは検討したことがあるのですが、こちらでも300位は担がないといけないらしいので、躊躇してます。なにしろご存知の通り、日の出側の林道でさえ、上れなかったほどダメダメなので・・・(>_<;)
山頂には立ちたいので、タマチャリンさんが一番楽と書いておられる梅ノ木峠から歩くコースを、いつかやってみようと思います。

赤ボッコは冬の空気が澄んだ日に、教えて戴いたルートで再挑戦してみようと思いますm(_ _)m

いつもコメントありがとうございますm(_ _)m