2017年6月28日水曜日

勘行峰林道・百畳峠



南アルプス二日目は山上りライド。
井川湖に車を駐めて、勘行峰林道を通行止めゲートのある百畳峠まで往復しました。
想像に反し、キレイに舗装された林道で拍子抜けしましたが、尾根を走る後半の眺望は抜群で、川を辿る一日目とは対照的なライドを堪能できました。

今日は遅めの出発。宿から井川湖へは車で移動し、六時前にダムの駐車場から走り出します。寸又峡を出る時には山の上の方がガスっていて、どうかな?・・・と思いましたが、自転車を組み立てているうちに青空が覗くようになりました。
ヒンヤリした朝の空気を感じながら、堤を渡って大井川の左岸へ。ダム脇に口を開ける武骨なトンネルを潜ると、初手から結構な上り坂。しばらくは県道南アルプス公園線を辿ります。湿った杉の香りが鼻を衝く道を、エッチラオッチラ。右へ左へ。
やはりお茶畑があります。一瞬、井川ダム西岸に聳える山々---大無間・小無間山---を望むことが出来ますが、道は再び、薄暗い沢の奥へ。三十分ばかり自転車を漕ぐ間、すれ違うクルマも追い越して行くクルマもゼロ。悪くない雰囲気の道ですが、どうにも地味な感じで、コース選択を誤ったか・・・と、この時は感じていました。

今度の旅に出発する前から計画していた通り、寸又川の道を辿る方が良かったのかな?




前日夕の寸又峡温泉に話を戻します。

五時前にチェックインして一旦荷物を部屋に運び、「夢の吊橋」の遊歩道へ。鄙びた温泉街を想像して訪れたのに、すれ違うのは二十代・三十代のオシャレなカップルばかり。日没が迫る事よりも、ポロいトレーナー姿で歩いて来てしまった事を気に病んで、宿に引き返します。
リアゲートを開けて荷物の整理をしていた時、自転車に目を止めたらしい同宿の男性とひとしきり、山や自転車の話になりました。例によって、どこから来たの~?どこへ行くの~?の話の流れで、明日は寸又川左岸の林道を行けるとこまで行ってみようかと思う旨をお話しすると、顔が険しくなり、「それは絶対、止めた方がいいね~  命のやり取りになるよ、マジで。」と仰います。数年前に光岳へのアプローチに寸又川左岸林道をお使いになった由で、当時からすでに危険極まりな無い道だった、とのこと。入口からいくらも行かない場所に大きな崩落があって、自転車連れでは高巻きも難しい筈と・・・私と同年代ですが、お話を伺うと南アルプスの山々については、マイナーなルートもよくご存知の様子。ネットで事前に調べた情報とは若干、食い違いがあるようですが、場所を訊くと夢の吊橋からも見えそうな所で、衆人環視の下で二進も三進もいかない窮状に陥ったら、流石にヤバイなぁ・・・困ったなあ・・・と思案していると・・・




    「チャリなら山伏はどうなのよ?近くまで林道あるでしょ?」
    ---------井川雨畑線ですよね?山梨の方が崩れてて、通れないんですよ
    「山梨に抜けてるの、あの道?・・・県民の森から入る道だよ!?」
    ---------えっ???
    「・・・んっ???」

スマホで早速、場所を教えて戴きます。確かに、富士見峠の少し井川寄りから北に進んで、井川雨畑林道に合流する道が確認できます。静岡県の林道情報を見ると、この道は「勘行峰林道」といい、やはり途中で通行止めとのことですが、規制箇所は井川雨畑林道に比べてかなり県境寄りなので、山伏の至近まで確実に行けることが分かりました。井川ダムに車を駐めれば、終点の峠まで25キロ、即ち往復50キロ。二日目のライドとしては過不足なくて、私の脚には「ちょうどいい」距離です。なにより標高1800m近くまで上るので、一日目の川沿いライドとメリハリをつけることが出来るし、南アルプスの眺望も大いに期待できそう・・・

そんな次第で、偶然の出会いからその存在を知ることが出来た林道を目指して、ユルユルとペダルを回しています。





ダムから林道入口まで、事前に調べた所では8キロほど。GPSのトリップから判断すると、「そろそろ」の筈ですが・・・標高は丁度1000mを越えた所で、なんとなく、別荘地みたいな雰囲気。分岐が現れました。「井川少年自然の家」入口とあります。ややこしいですが、どうやらココではなさそう。

迷いを感じながらさらに1キロほど上ると、井川県民の森の案内板が現れました。富士見峠へ向かう県道と分かれて、林道へ。でも、まだまだ立派な道です。交通量も何故か、先ほどまでの県道より多く、頻繁にクルマに出会います。「おはようございます!」と元気のいい声が飛んできて、ロードバイクの男性が追い越して行きました。よくあんなスピードで上れるなぁ~(ノ゚ο゚)ノ

林道に入ってから十五分ほどで「大日峠」という場所に着きました。尾根に沿って南北に走る道と、東西に峠を跨ぎ越す道が交差しています。峠から東に降りると口坂本温泉に着くことが標識から分かりますが、後で百畳峠でお会いした「山の賢人」によると、この道、県道であるのに、なかなかの曲者らしい。南は富士見峠に向かう道で、北に向かうのが林道勘行峰線らしいです。





相変わらず特徴のない舗装路を走ります。尾根上に出たせいか、ここまでの道とは異なり、勾配はあまり感じません。やはり頻繁にクルマが追い越して行きます。ずっと雑木林が続いていて、瑞々しい若葉の色を感じつつペダルを漕ぎますが、なんというか・・・もう一つ、盛り上がりに欠ける気が。

と、左側の森が刈り払われて、眺望が得られる場所に出ました。遥か眼下に井川湖の青い輝き。いつの間にか、こんなに上っていたんですね。

やはり地味~に上って行きます。走り出して二時間半で、標高は1400mに迫りました。額に汗が流れるので、ヘルメットは脱ぎます。腿や脹脛も張ってきました。勘行峰の北側を九十九折れて一上りすると、リバウェル井川スキー場。営業しているらしく、『坂の上の雲』の主題歌、『Stand  Alone』が低く流れています。こ、コリャ、出来過ぎだぁ~(≧▽≦)




大日峠から10キロを後にした丁度、この辺りからが、県民の森になるらしい。3パーセント位の坂をユルユル漕ぎます。相変わらず、あまり特徴が無い森だなぁ~と思っていたら、道の両側がシラカバ林になりました。トウヒの群落の向こうに、雪を頂く稜線が。調べると上河内岳と聖岳の様ですが、前日目にした姿とはまるで違って見えます。
徐々に眺望が得られる場面が増えてきました。見渡す限り、山また山です。北側は雪を被った南アルプスの、青い山々。南側は頭一つ抜けるような高い山は見えませんが、彼方まで幾重にも、稜線が重なっています。深い緑が埋める景色の中に、ポッカリと口を開けた井川湖。湖面の色は空の色とも違う、白が混ざったような淡いコバルトブルー。ブナとシラカバが混じった森に入ると、時折、バンガローやテントサイトらしいものが、樹間にのぞきます。スキー場から三十分ほど走って漸く、県民の森の管理棟らしい場所に着きました。路傍に腰を下ろして一休み。

GPSのトリップは井川湖から18キロ走ったことを示しています。林道終点までは残り数キロの筈。楽勝、楽勝・・・と、この時は感じたのですが、ココからが実は、本番だったという罠。




テントサイトの北端らしいシラカバ林を抜けると、いきなり15%はあろうかという激坂。林道は笹山のピークを避けるように、東に大きく迂回しますが、ここは標高1600mをはさんで±100mのアップダウンを繰り返す区間で、地味に疲労が蓄積していた脚にトドメを刺されました。沢に下る場面で、対岸の道の角度を目の端で捉えたりすると、ひっじょーに、凹みます。。。(>_<;)

半ベソ書いて這い上がった場所からは、素晴らしい展望が得られました。県民の森で見掛けた道標に、ただ「見晴台」とだけ書かれていた場所らしい。先ほどはどちらかというと西に見えていた井川湖は、今や南の山々を湖面に映しています。春霞の向こうは山また山。大井川の河谷が曲がりくねって続いています。

エエモノ見せてもろたわ。

不安になるような勢いで林道が下り始めました。井川雨畑林道まで下ってしまうのでは?・・・と、迷いつつ進むと、尾根の鞍部に出ました。「山伏←牛首峠→笹山」と書かれた道標が立っています。ここも牛首峠?・・・木々の向こうに尾根の東側の眺望が広がりますが、地図を確認すると、安倍川支流のコンヤ沢あたりらしい。




再び走り出すと、またもやキツイ上り坂。GPSのトリップは24キロなので、あと1キロ位か?・・・指折り数えながら、ペダルを回します。通行止めの筈の道を一体どこへ向かうのか、相変わらず数台のクルマに追い越されます。森はやや疎らな感じになり、青空目指して自転車を漕いでいるかのようです。シラカバに比べるとやや茶色がかった、ダケカンバの幹が目立ちます。見間違えようが無いほどハッキリした形の峠を越えると・・・

        昨日も凄かったけど、今日も、スゴイよっ!!

光岳・イザルガ岳から茶臼岳にかけての稜線が、目の前に広がっています。北側には、山伏から穏やかに下る稜線。
十時半、百畳峠に到着。名前の通り、平らな広い峠には、登山者のものと思しいクルマがたくさん駐められています。そして、峠の北側には通行止めの簡易ゲート。山伏峠を越えて山梨側へ下るのは時間の関係で無理にしろ、峠まで往復してから、小河内谷に沿って井川湖の北端まで下ることが出来るなら、円環状のコースでデポ地まで戻ることが出来るのですが・・・
なにしろ井川雨畑線の状況が、「通行止め」であるという以上には、分かりません。路盤そのものが崩れているような状況に出くわしたら、再び峠上り返さなければいけませんし・・・
        (・・・ちなみに、百畳峠はこういう所。←別タブでYouTubeの動画に飛びます)




あいにく井川雨畑線の線形は、小ピークに隠れて見えません。思案に暮れていると、ゲートの向こうからオフロードバイクの男性が現れました。急いでおられる様子の所、慌てて呼び止めてゲートの向こうの様子を伺うと、井川雨畑線の分岐までか、その先も含んでか、三箇所崩れているとのこと。一番のポイントは、県境のかなり手前に「屈強な」ゲートがあり、「多分チャリでも無理」と教えて戴きましたm(_ _)mさすが、ツーといえばカー!
分岐から小河内谷に下った方は、行ってないので分からないとのことで、井川雨畑線の静岡側規制ゲートそのものダムの上に設定されているらしいこともあり、この時点で先に進むことを断念しました。残念ですが、百畳峠から折り返します。

空が近く感じられる峠の景色を楽しみながら、補給食を齧っていると、高齢の男性が下山されて来たので挨拶します。山伏まで往復された由で、「健脚でいらっしゃいますね」と述べると、大学生の時から登山を始めて、この辺りの山は色々なルートで上りつくした・・・とのこと。例によってどこから来たの~?どこへ行くの~?という話になり、疲れたのでここで折り返す旨を伝えると・・・




「山伏まで上ったら?自転車連れでもイケる位、穏やかな稜線だし、コースタイムも一時間半掛からない位だよ?」と勧めて下さいます。

    「往復舗装路じゃ、折角MTBで上ってきた意味ないでしょ?」
    ---------初めて来たお山で、トレイルまで踏み込む自信ないです。。。コースタイムのある地図も持ってこなかったし・・・
    「道標が整備されてるし、踏み跡だってこんな広いのだから、迷いようがないよ!標高差だって、若いのだから大したことない筈」
    ---------井川湖から上っただけでヘトヘトでして。。。クルマ運転して帰る時間と体力も、残しておかないとですし・・・
    「ボクだってその点は同じですよ。何事でもそうだけどもさ、登山も、今のあなたの実力よりもちょっと難しい所を狙わなきゃ、いつまで経っても上達しないヨ!」

う~ん、一番痛い所を衝かれてしまった・・・さすが大先輩。初対面なのに、私の性格の欠点を見抜かれてしまいました。半世紀も大自然を相手にしておられると、人に対する洞察力も磨かれるのでしょうか?

非常に重たい言葉で、ズシーンと、響きました。。。




ご存知の事情で、尾根があまり細いようだと無理ですし・・・やはり、下調べしないトレイルに踏み込むのは、今の私にはリスクが高いように感じられるので、引き返す旨をお伝えすると、とてもガッカリされた様子・・・申し訳ない気持ちでいっぱいですm(_ _)m

山の大先輩を見送り、十五分ほど休憩してから、麓を目指して下り始めます。県民の森までのアップダウンが苦しく、息が荒くなります。見晴台で写真を撮る時、先客のオフ車の男性に挨拶したら、あとで追い越す際にハンドサインを送って下さいました。林道愛好家の方はやはり、気持ちが温かいです。

県民の森からは殆んどペダルを漕ぐことなく快走します。往路では鏡のように思えた道ですが若干荒れた部分もあるようで、衝撃が肩や腕に伝わり、みるみる疲労が蓄積します。百畳峠から丁度一時間で大日峠。尾根から下るとGPSのスピードメーターはさらに跳ね上がりますが、衝撃も大きくなり、ハンドルを握る掌が痛み始めました。待ちに待った井川湖の輝き。朝に比べ格段に多くなった対向車に注意しながら、南アルプス公園線を駆け下ります。カーブで膨らみそうな程、スピードが乗ってヒヤヒヤ。ダムの堤の上でひと漕ぎして、 十二時半にデポ地点に無事、帰着。パッキングして、横浜への帰路に就きました。




さて、南アルプスで過ごした週末の感想ですが・・・

大井川源流はスケールが大き過ぎて、私の写真や文章では表現できない部分が多すぎるように感じています。
この辺りはやはり「上ってなんぼ」で、登山をしなければ本当の価値の何分の一も味わえないエリアなのだと思いました。
青い頂を極めることが出来る人達のことを、心から羨ましく感じた次第。
せめて、井川雨畑が再び通れるようになれば、自転車乗りに対してもより門戸を開いて、 魅力ある景色を見せてくれるようになるのでは・・・と、感じずにはいられません。





静岡ICまでは、笠張峠から落合に抜ける県道を通り、安倍川沿いに下るルートだったのですが、こちらも山また山・・・という印象で、かなりスリリングなドライブでした。際立って高い山はないものの、お茶畑が続く峠道を辿るルートは、大井川の源流部よりも自転車向きと感じられました。
それなりに知っているつもりのエリアだったので、どうかな?・・・と思ったのですが、時間に追われずクルマを走らせていると、とても風景が新鮮に感じられたのは意外でした。安倍川に出ると、ロードバイクの姿が多く目につきます。集落と集落の間に峠がいくつもある印象なので、この辺りを走っておられる方はきっと、健脚ぞろいなのだろうなと思いました。静岡発着の輪行で、峠めぐりコースというのも、私には厳しそうですが、一度は挑戦してみたいです。

計画表が未達のまま、項目だけがどんどん増えていきます・・・(>_<;)

次回は、「今のワタシの実力よりもちょっと難しい」と思い、挑戦したお山のお話をば。




こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
甘利山・鳥居峠・モジリ峠・見返り峠←新タブで2014年11月16日付記事が開きます。
大井川源流・東俣林道←新タブで2017年6月10日付記事が開きます。
二軒小屋・東俣作業道←新タブで2017年6月14日付記事が開きます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

その他      クルマで移動中に撮影したスナップ



真夜中の峠で会ったニャン(左)    と    夜明け前の川根本町(右)

長島ダム近くで出会った鹿の群れ(左)    と    井川の茶畑(右)

安倍川支流・西河内川の権現滝
 

0 件のコメント: