2016年6月1日水曜日

音消し


最初にその音に気が付いたのは白石峠に上った時のこと。

必死こいてペダルを回していると、「カチッ・・・カチッ・・・」という周期的な音が耳に届きました。
本当にごく微かな音ですが、周りが木の葉が揺れる音しか聞こえない静かさなので、一度気が付いてしまうと、結構気になります。
タイヤではなく、クランクの回転と音の発生周期が一致しています。ペダルを強く踏み込むと音が大きくなるので、ペダル・クランク・BB辺りでしょうか・・・?
尾根上を緩やかに起伏するグリーンラインを走ると、不思議に聞こえなくなります。明らかにトルクの強弱が関係しているみたい。
で、子供の日に芦川へ行った際には明らかに一回り、音が大きくなっていて、耳を澄ませると富士みちのような比較的緩い坂でも、音がしていることが分かりました。
しかしながら、かつてすぐにBB周りを分解することを決心させた音(プラスチックが捻じれる様な、「バチィィィ」「キィィィ」という音)と違って、本当に微かな、金属同士が当たる様な音です。自転車は回転部も多いことですし、機械に致命的な問題が生じていることを示唆する音とも思えません。

むしろ、気にしないで乗ることが出来れば、それで済んでしまう類の音とも思えます。

分かってはいるのですが・・・
出所不明の音って、なぜこうも人を不安に陥れるものなんでしょうか・・・(T T)

音そのものから音源に迫る手掛かりは少なそうですが、一応その特徴を列挙してみると・・・

    音の特徴

  • 金属同士が当たるような音質
  • 車輪ではなく、クランクの回転と同周期で発生
  • 身体の下の方向から耳に届く
  • 左右は分からない

脚の回転運動が、どのようにして駆動力に変わり後輪に伝わっていくかを考えながら、疑わしい部分を列挙してみると・・・

    容疑者

  • ペダル;
  • クランクへの取付部からの音は左右が分かるので可能性は薄いか?
  • クランク;
  • 軸との取付部は最も疑わしい。けど、一度分解清掃後再組付けしているんですよね・・・
  • BB;
  • シェルと左右アダプター(BBカップ・ワン)のネジ部・或いは軸受。但しこのBB(FSA MEGAEXO BB-6000)の場合、軸受けそのものの分解は不可能。
  • チェーン;
  • 特定のコマの油切れなどで、チェーンリング/スプロケットと接触する時に音が出るとか?
  • スプロケット;
  • ペダルよりタイヤの回転に同期しそうだが、クランクの特定の位置でチェーンに引っ張られる可能性も・・・?
  • シートピラー;
  • 意外な盲点?


プロなら、お客さんから持ち込まれた時点で、凡そのアタリは付けられるのでしょうが・・・それにしても自転車屋さんって大変そうだな~

・・・そんな訳で、ノウハウの無いシロートは、総当たりで可能性を潰していきます。

なお、クランクセット・BBの着脱に関しては、FSA公式ページの"SUPPORT"から、"MEGAEXO"を検索入力して得られたMEGAEXO BB-6000用取扱説明pdfファイル(BB-6000/BB-4000 MegaExo Crankset Installation Instructions)に従い行います(取り外しは取付けと逆の順序で行うの意)。



左クランクを取り外します
5mmの六角レンチでM6のネジ
(⑧"Pinch Bolt")を二本均等に緩めます
軸部分の⑦"Preload Bolt"(ホローテックⅡのクランク取り付けボルトに相当)
を5mmの六角レンチで緩めて抜きます
ここは正ネジです
取説の順序に忠実に行うなら、クランク軸を抜くのが先ですが・・・
うっかり左BBカップを外してしまいました・・・
TL-FC32でカップ外周に印刷された締め付け方向を示す矢印と逆
(私の自転車のBBの場合、左は正ネジなので反時計回り⇒緩)
に回して緩めます


この辺は、三年前に行った整備の際の記事の方が、取説に忠実に書いています。⇒クランク・BBの着脱・・・など(2013年6月22日付)

一部繰り返しになりますが、取説のクランク・BBセットの取付け手順とは逆順序で取り外しを行うと、左クランク取り外し⇒右クランク(=クランク軸)の取り外し⇒左BBカップの取り外し⇒右BBカップの取り外し・・・という順序になります。

右クランクを引き抜きます
"Take great care not to damage the
plastic bearing cover
of the left BB cup."
だとのことです
ので、出来ればプラハンなどではなく、
掌で押し込むのが宜しいのではないかと
BBシェルのネジの向こうに見えるのが
取説にある部品番号③センタースリーブ
密閉されている筈なのに、
こんなに汚れています
シェルとスリーブの間にノズルを入れ、
右カップのネジ部にCRCをひと吹きして、
しばらく放置
TL-FC32で右カップ外周に印刷された
締め付け方向を示す矢印と逆
(私の自転車のBBの場合、右は
逆ネジなので時計回り⇒緩)に回して
緩めます
取り外したクランクセットとBB・工具
(5mm六角レンチ・TL-FC32・プラハン)
ベアリング・グリスが入る部分なので
クリーナー等の軟油は極力使わず、
汚れはウェスで丁寧に拭き取りました
フレームも洗浄  コスパ抜群の
オールカラー用カーシャンプー
(モノタロウ)
は、車と兼用(^ ^;)
シートポストも抜いて洗浄
ヤグラ締め直し⇒グリス塗布


しつこいようですが、BB及びクランクセットの取付けはMEGAEXO BB-6000用取扱説明pdfファイル(BB-6000/BB-4000 MegaExo Crankset Installation Instructions)に従い行います。
YouTUBEのFull Speed Ahead公式チャンネル内にアルミ製ロード用MEGAEXOクランクセットの取付け動画を見つけましたので、参考に掲載しておきます。

How To Install And Maintain An Alloy Road MegaExo Crankset - FSA Road



しつこいようですが、取説からクランクセット・BBの組み付け順序を書きだすと、以下の様になります。

    1.BBシェルのネジ部から切削屑やゴミ・埃、余計な塗料を取り除いておく
    2.②右ベアリングカップ(右BBカップ)を③スリーブと一緒に取り付ける(締付トルク:400-500kgf.cm/40-50Nm/355-445in.lbs)
    3.④左ベアリングカップ(左BBカップ)取付け(締付トルク:400-500kgf.cm/40-50Nm/355-445in.lbs)
    4.⑤右クランクを慎重かつ完全にBBカップに挿入する。特に左BBカップのプラスチックカバーにダメージを与えないように注意する
    5.⑥左クランクを軸に装着する
    6.M18かM12ネジの⑦Preload Boltを7.1-15kgf.cm/0.7-1.5Nm/6.2-13in.lbsで締めた後、⑧Pinch Boltは110-150kgf.cm/11-15Nm/95-130in.lbsで軸に対して内側のネジ→外側のネジの順で締める

あと、取説には特に指示はありませんが、上記の動画と較べると、やはりBBシェルネジ部にグリスは塗布するようです。
説明書によるとクランクを取付ける際は、まず⑦Preload Boltを7.1-15kgf.cm/0.7-1.5Nm/6.2-13in.lbsで締めた後、⑧Pinch Boltは110-150kgf.cm/11-15Nm/95-130in.lbsで内側のネジ→外側のネジの順で締める様指示があります。
Preload Boltで軸に対して位置決めを行い、Pinch Boltで軸へしっかり固定するイメージでしょうか?
私はトルクレンチを持っていないので、2013年6月の整備時と同様、⑦Preload Boltを)「そっと締めて」、次に⑧Pinch Bolt二本を「ギュッと締めて」取付けました。


BBシェルのネジ部は古いグリスや
埃を取り除いた後、グリス塗布
右BBカップ・左BBカップ・スリーブ
カップにはグリースが入っているので、
洗浄油は使わずウェスで拭取り洗浄
TL-FC32で右カップ外周に印刷された
締め付け方向に回してBBを取付け
(私の自転車のBBの場合、右は逆ネジ
なので反時計回り⇒締・左は正ネジ
なので時計回り⇒締)





・・・異音とは関係ありませんが、購入から三年半一度もハブのグリス交換をせず走ってしまったので、これを機にこちらも片づけてしまいます。
当然スプロケットを外してから行ないますが、そのあたりはおおよそ、こちらの記事こちらの記事で書いた通りやってます(^ ^;)


こちらの記事で作ったスプロケットなんたら
とロックリング回しでスプロケットを外して・・・
洗浄して組付けを待ちます

後ハブの左玉押し・後ハブの左ワン・後ハブ右玉押しとハブ軸
玉押しに虫食い等は見られませんが、グリスに混じった埃・泥などは、ご覧の通り相当なもの
この自転車で、雨中走行は一度も経験していないのですが・・・
後ハブ右ワン
ご覧の通りかなり埃が混じっています
フリーには手を付けません
後ハブ右玉押しとハブ軸
パーツクリーナーで洗浄後
清掃後の後ハブ右ワン
フリーがあるので、洗浄油は使わず
ウェスで丁寧に汚れを拭取り除去
パーツクリーナーで洗浄した鋼球
WH-R500後用は1/4"が
片側9個(計18個)
フリーボディは拭取り清掃後、
スプロケット組付けに備えて薄くグリス塗布

前ハブ片側の玉押しを抜いた所
後に比べるとキレイな状態
ワンにもゴミ埃は少ないように見えます
パーツクリーナーで洗浄した鋼球
WH-R500前用は(3/16")が
片側10個(計20個)
左右玉押し・虫食いってほどではあり
ませんが、薄らと線状の模様が・・・(T T)
リムテープ・リムズレパンク
防止パウダーの塗布・リムの
ゴム滓取りなどひと通り
行なった後に組付ました


シマノの完組ホイールというと身構えてしまいますが、少なくともボトムレンジのWH-R500では、メンテナンスで特別変わった手順などは必要ないようですね。

BBシェル部や軸とクランクの嵌合部・ハブの交換用に使ったグリスはこれ↓


GA リチュームグリース(高速ベアリング用)
使用温度範囲(℃):-25~130 ちょう度は2号とのこと

・・・これと似た諸元でホムセンでよく見かけるAZ リチウムグリスで十分とか、熱を考えると蛇腹で売ってるウレアグリスがいいとか、いやいや、絶対デュラエースグリスでしょとか、グリスは訊いた人の分だけ意見が出てくるわけですが・・・GAのこれは汎用性が高い割に、かれこれ五年ハブの交換用とかに使ってますが、私の使用頻度・交換頻度では、特に問題も起こらないので、ロードのハブにも使ってみます。

・・・「ヌルっ」を目指して何度も玉当たりをやり直して、半日がかりの田吾作整備終了。
いつも通り、近所の坂道を一回りした限りでは、件の音は消えてくれたようです。
やはりロードバイクは乗りっぱなしは出来ないですね。

巷間言われる「信頼できる主治医の居るお店で買うべき」という言葉が、身に沁みつつある今日この頃・・・です(^ ^;)


音消しの構えは大成功?

・・・ああ、大菩薩行てぇ~
【当ブログ内の関連記事】
こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
田吾作の体当たり整備記事
クランク・BBの着脱・・・など(FSA GOSSAMER クランクとMEGAEXO BBの着脱)←2013年6月22日付記事が開きます。
整備という名の破壊?(10速スプロケットの分解清掃)←新タブで2014年11月17日付記事が開きます。
タイヤ入替とスプロケ清掃←新タブで2015年4月18日付記事が開きます。
チューブとシフトワイヤー交換←新タブで2016年1月24日付記事が開きます。


Googleさんによれば、当ブログも暗号化通信による表示が可能になったとのこと。
httpsによるブラウザでの表示をご希望の方は、こちらのアドレスに変更をお願い致しますm(_ _)m
https://korogaruki.blogspot.jp/

※従来通りhttpで始まるアドレスでも閲覧して頂けます


4 件のコメント:

横尾寿秋 さんのコメント...

ペダルがキコキコ鳴り続け
3年経ちます。
確か、、キコキコは日の出山に養沢から登った時に
岩にペダルをぶつけまくってからでした!

スムーズに動かなくて取り替えようかと思ったんですけど
ぶつけた衝撃で外れません!
まぁ、いっかぁ!でそのまま乗ってます!

それにしても、、細かく分解しますね~~~
大切に扱うと長持ちするんでしょうね!

ボラザぢぃ さんのコメント...

タマチャリンさま

東京湾一周ライドの途中でペダルが固着してしまったことがあります。
以前から微かに音がしていたのですが、分解してみると、見事に玉が割れていました。
固着しても乗れないことは無いのですが、早めのお手当をおススメします。。。

お金払うだけのノウハウはお持ちの筈ですので、プロに任せられるなら勿論、それに越したことは無いと思います。
正直言って、ロードバイクはここまで手が掛かるとは、買う時全く考えていませんでした。
もう少し鷹揚に扱えると思ったのですが、やはり設計上削れるところをギリギリまで削っているからなのでしょう・・・か?

どうも自分でメンテするのもここらが限界・これ以上はプロの手を煩わせなければいけないかなと感じている次第です。

コメントありがとうございます!m(_ _)m


匿名 さんのコメント...

こんにちは。

”グリス自体は”通常使用であれば何処の会社のを使っても潤滑性能にに差は出ません。(適材適所はありますが)
自転車の構造、動力源が原因でグリス、ベアリングの本来の性能を維持できないのだと思います。(使用状況は建機等のオープン状態のスライド摺動面潤滑に近いですね)

異音、回転抵抗、メンテナンスフリー等の問題は根本的に回転部、フレームの設計を変えるしかないと思いますが、見た目がダサくなりますし、旧来の規格との互換も確保しなくちゃいけないですし、関わる企業間の音頭取りもありますから無理でしょうね。


ボラザぢぃ さんのコメント...

匿名さま

コメント公開及び返信の方、大変に遅くなってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m
私が書いた拙い記事に対し、大変専門的な考察を加えて戴き、有難うございますm(_ _)m
ホムセンで見つけたグリスについては、安いので大丈夫かな~?・・・と、一抹の不安を感じつつ走っていたので、このようなコメントを頂戴し、安心しました。
メンテナンスについては、プロにお任せした方が良いのは百も承知しているのですが・・・
その代わり、出来るだけコマメにメンテナンスしようと思う次第でして。
いろいろご教示賜れば有り難いです。
ブログの方、しばらくお休み戴いておりますが、この度はコメント頂戴し、大変励みに感じる次第です。
再開の折には、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m