2016年5月18日水曜日

若彦トンネル・芦川・精進湖

ルートラボ版はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
撮影場所を参照できる写真付の地図はこちら(←クリックでピカサウェブアルバムへ移動します)


本当なら輪行したり、車載泊りがけで自転車を楽しみたい黄金週間なのですが、例によって金が無いわけで(T T)
自走で行ける面白い場所が残っていないか、穴が開くほど各種地図を見つめるうち、ある地名に目が留まりました。
笛吹市芦川。
かつての東八代郡芦川村であり、山梨県を国中と郡内に分ける、御坂山塊にある小さな山村です。
大昔読んだ旅行雑誌に、「兜屋根の里」と紹介されていたことをふいに思い出し、行ってみたくなりまして。そういえば、←先輩方のブログでも取り上げられたことがあったような・・・?

【往路】


前回同様二時出発。
往路は甲州街道→富士みち→河口湖→若彦TNで芦川に至り、・復路は旧上九一色まで下って精進ブルーライン→R139・138→山中湖→道志みちで帰る予定です。
天気予報では最高気温が28℃とのことなので、長袖ジャージに3/4ビブという軽装で家を出ましたが、津久井湖~相模湖の明方は格別に冷え込み、津久井GCから三ヶ木へ、或いはプレジャーフォレストから相模湖に駆け下る場面では、歯の根が合わないほど震えてしまいました。たまらず、すき屋で牛丼休憩(笑
これが効いたのか、以降は前回よりも良いペースで走ることが出来ました。夜明けを迎えた上野原の坂でも息切れナシ。今日は降水確率10%の好天が予想されるせいか、こんな時間でも早速、甲州街道を西に向かう四人のサイクリストに追い越されました・・・(T T)







五時半に大月を通過。いつも気になっていた東京電力駒橋発電所の水圧鉄管をパチリ。上部水槽の標高は約410mで、甲州街道との高低差は約100m。後でも触れますが、壬生の川茂発電所のすぐ下流の桂川から取水しているので、富士みちの壬生までは少なくとも今見上げている高さ位まで上らなければならない訳です(ぶたさんもこのくらいのけいさんができるちえはつけまいた。)
バイパスのトンネルを抜けると、本日お初の富士山。富士みちに入ると、富士山を目指すようにほぼ正面正面に見据えながら、自転車を漕ぐ形になりました。

リニアの線路を潜るとすぐ左手に、やはり駒橋発電所の施設である落合水路橋。1907年(明治四十年)に造られた7連の煉瓦アーチ水路橋で、国の登録有形文化財です。
こどもの日ですが、朝の五時の時間帯では国道上に行楽へ向かう自動車の姿は多くありません。景気を反映して、みなさん高速使っているのかしら?よって国道をヘコヘコ進むのに何の障害も無いわけですが、都留市街は例のクランクを突き抜けて、谷村宿本陣や市役所がある通りを使い、走り抜けます。びっくりしたのは谷村第一小学校で、鉄筋コンクリート造りの校舎が、家中川を跨ぐ基礎の上に建てられていること。小規模水力発電の物と思しいタービンもあり、水辺の景色に変化を与えていて面白いです。






道志山塊の杓子山や倉見山に隠れて富士山が見えなくなると、代わりに右手に見える三ッ峠が旅のお伴に名乗りを上げます。
道の方はじわじわと勾配を増し、立ち漕ぎしないと辛い場面も増えて来ました。
うっかり携帯を忘れて来てしまったので、念の為今日の予定だけ連絡する為公衆電話を探しながら自転車を漕いでいるわけですが、いやはや、気付かないうちにコンビニの店先からも消えてしまっていたのですね。。。
富士急の線路沿いには、遮断機も警報機も無いのに、明らかに人が渡ってるな・・・と感じさせる場所が何箇所もあって、なんか、イイ。いや、鉄道会社からすると困るのかな???こういう場所は何て呼ぶのかしら?

「野良踏切」とか?

寿駅前の4%程の坂を気息奄々這い上がり、七時に富士見バイパス入口に到着・富士吉田の街へ入ります。
旧道へ右折し、富士浅間神社の参道に続く道を上ると、20分ほどで金鳥居。富士山駅前の公衆電話で所用を済ませ、御坂みち(R137)の旧道を一路、河口湖へ。河口湖大橋を渡った方が早いのですが、たまには旅館街を抜けてみるのも面白いかなと。






R137に入って暫くは、富士急ハイランドへの裏道(?)と重なるらしく、車高落とした濃色のミニバンばかり。幅寄せ、割り込み右折、追い越しざまの急左折と、運転の荒さに閉口します。コンビニで水とおむすび買って、河口湖畔へ。
アジア系の観光客の姿が多く同じグループで富士山を背景に写真撮りっこをされていたいたので、一緒にお撮りしましょうか?と声をかけたのですが・・・全然通じなくて・・・(>_<;)
小曲トンネルから暫く進むと、鏡の様な湖面の向こう、美しい裾を引く富士山の姿。雲一つない好天ですが、四年前の六月に西川新倉林道と御坂峠旧道を走った際撮った写真と比較すると、約一月早いのに今日の方が冠雪が少ないように見えます。





河口湖大橋の北詰を過ぎ、さらに西へ。
三年前の富士山一周と富士五湖めぐりの時には河口湖畔の西端から、勝山の方へ走ったので、何気に湖畔北側のこの区間は初めてなのですが・・・大石小学校に掲げられたスローガン(「いいちえ  いいあせ  いいこころ」)と富士山以外は、特に感興が湧くものもなく、湖畔の道を離れて富士河口湖芦川線へ。約830mの河口湖から200m程度上るのだったっけ・・・と思っていましたが存外あっけなく、若彦トンネルの坑口が現れました。トンネルに這入って分かったことですが、全長2620mのこのトンネルの勾配変化点は芦川側から400m程の所にあり、河口湖側からだとトンネル内だけで2.2kmを上らされるという・・・もっとも、大石の交差点からの平均勾配は3%程度なので、ガタガタ書き立てるほどのものではないのかもしれませんが、ぶたさんの脚には応えたんですよ。。。(^ ^;)






【芦川】


九時ちょうどに若彦トンネルを抜けて、笛吹市に入りました。ここまで110kmを7時間半で走ったので、平均速度は14.6km/h・・・
ここからはかつての東八代郡。トンネル東側にはすずらんの群生地や富士の絶景で知られる新道峠へ向かう林道(蕪入沢上芦川線)が分岐しています。遥か彼方の正面には、南アルプスの白い稜線。抜けるような青空の下、いよいよ本日の目的地・芦川の里へ下って行きます。
1.5kmほど峠道を飛ばすと、甲府から鳥坂峠を越えてくる道と合流しました。甲府出発の輪行なら、本栖みち或いは中堂往還なんかと組み合わせて、こちらの峠も楽しめそうですが、私の脚では自走は、無理。
農産物直売所がありますが、休憩したばかりなのでスルー。帰宅してから気になり調べてみると、結構良さそうなんですけど、ココ。。。(T T)
急傾斜地に積まれた石垣を、道路から見上げるだけで迫力がありますが、目指すものはまだ先の様なので、富士川の支流・芦川に沿ってソロソロと下ります。
右岸と左岸を行ったり来たりしながら2kmほど走ると、小学校や郵便局・役所支所がある中芦川地区。

ありますあります、沢山あります







兜造りは、寄棟造あるいは入母屋造の屋根のうち、妻側の屋根を切り上げた形式(wikipedia『兜造り』より)です。
御坂山塊の急傾斜地に、幾重にも築かれた石垣の上、折り重なる様に兜造りの大きな屋根が連なっています。
カメラが望遠寄りのレンズのせいか、この風景を捉えるのが難しく、少しもどかしいのですが・・・
かつては皆、茅葺屋根だったとのことですが、この二十年ほどでほとんどトタンに葺き替えられてしまったとのこと。もっとも、トタンに塗られたさび止めの色とテカり具合がいかにも武者兜っぽくて、これまた趣があります。
一口に「兜造り」といっても、実に色々な形があるもので、一軒一軒が表情豊かで、見ていて楽しいです。










芦川は2014年の豪雪で村に通じる国道358号が不通となり、孤立してしまった由ですが、大屋根が多い理由は冬は積雪が厳しいせいなのかも。兜造りが主流になったのは養蚕が盛んになった明治以降とのこと。
芦川の渓流も良いですね。先日訪れた真木川ほど綺麗ではありませんが、山の暮らしに利用されてきた川という雰囲気があります。特にこれからの季節涼しげで、自転車的には有難い風景かと。

・・・

そう、明方はあんなに寒かったのに、十時近くになったらなんか暑いんですよ。。。
今日は立夏とはいえ、例年こどもの日ってこんな日差しが強かったかしら???
写真ご覧になるとお分かり戴けるかと思いますが、光の具合がまるで初夏のそれです。午後になったらどうなってしまうのか・・・

さきほど通り過ぎた蕪入沢上芦川林道の途中にあるすずらんの群生地では、5月28日・29日に『すずらんの里祭り』が開催されるとのこと。








中芦川からは、甲府市境の先の古関町本郷まで、渓流の右岸を快走します。同名の林道峠が自転車乗りにはよく知られる鶯宿の辺りで、揃いのジャージのロードバイクの一段とすれ違いました。精進ブルーライン(R358)に出ると、ここから精進湖トンネルまでが本日二番目の修業の場。行楽の車が数珠繋ぎで行き交う道を、えっちらおっちら上ります。
15分かけて3キロほど上り、堪らず一休み。本郷地区の標高が約580m・精進湖トンネルが約900m(甲府側坑口で約930m)と記憶しているので、平均勾配5%なら半分程度まで来たということでしょうか・・・?ポータブルナビで確認すると、当たらずとも遠からずというところ。
精進湖方面の車の流れは渋滞の始まりという感じで、アスファルトの照り返しと排ガスとエンジンの熱ですっかり茹で上がりながら、気息奄々トンネルに到着。前照灯&フラッシャー・後フラッシャー×2のスイッチを入れ、全長1050mの精進湖隧道を通過します。トンネル手前でもトレインを組んだローディーさんが甲府方面へ駆け下っていくのを目にしましたが、トンネル内でも別の一団とすれ違います。10:45に精進湖に到着。若彦トンネルからの区間平均は10.2km/h・・・(>_<;)

【復路】


精進湖のヤマザキで電話してから、富士パノラマラインへ。富士吉田方面・富士宮方面とも、ノロノロの渋滞。西湖方面は三年前富士山一周した折にもヤラれた、貞観大噴火で出来た溶岩台地の坂。止まってしまいそうな足で、渋滞の脇をヘコヘコ這い上ります。気温自体は24~25℃位なのでしょうが、五月の初めにしてはともかく陽射しが強く、樹海の木陰を得る頃には汗まみれというか、肉汁まみれに。。。今日も吉田うどんで決まりだなv(^_-)









西湖に下ってしまうと上り返しが大変なので、パノラマラインをひたすら東へ。渋滞の脇を走る自転車にみなさんイライラしているのか、ミラー見ながら寄せて来る人が多くて困りものです。左に逃げると刈払いされていない枝に打たれて、左袖が擦り傷だらけ。 富岳風穴の辺りまで来ると、前方から爆音が。対向車列が中央線に寄せて、何やら混乱している模様。すぐに改造バイクの群れが現れました。毛虫の角みたいなのを生やしたり、マフラー外したバイクの上に、代わりのつもりか顔にマスクした二人組・・・という例のスタイル。驚かされるのは爆音立てるバイクの主たちの中に、私と同年配か、十ばかり年齢が上の人の姿が結構見えること。
富士急ハイランド手前でもさらに空ぶかししながら走行する数十台とすれ違いました。

・・・渋滞が発する熱と、件の集団の爆音で、えらくグッタリした気分になってしまったので、肉汁補充して元気つけましょう!

冷しぶっかけ大盛、ぺるふぁぼーれっ!








富士吉田から、富士五湖でもっとも標高が高い山中湖に這い上がるこの道が、ツライの
ロードの人に抜かれ、パニヤバッグ付けたツーリストと思しいクロスに抜かれ、じもっぴー風オジサンのMTBにも抜かれ・・・
汗、鼻水は言うに及ばず、穴という穴から液体を垂れ流しながら山中湖に到着(十三時)。
・・・・と、その前に花の都公園に寄り道したのでした。
が、あいにくと播種中という雰囲気であまり花が無く・・・チューリップが綺麗でしたので、富士を背にパチリ。
20分ほどかけて湖畔を半周。平野のセブンでアイス休憩。高校生だか大学生だか、観光バス三台分の一団で店内ラッシュ時の浜線状態。交差点で信号待ちしていると、揃いのジャージの若者ローディーさん達と目が合ったので、挨拶・・・何故かケタケタ笑われる(T T)・・・まあ、ボロい風体だから仕方ないか。
いよいよ山伏峠の上り。若者ローディーさん達が当然先行し、あっという間に視界から消えました。。。私はマイペースで上るかわり、さほど波乱もなくトンネルに到着・・・と書きたい所ですが、実はけっこう、苦しかった(>_<;)







道志は道の駅はスルーして、いつもの場所・いつもの構図でパシャリ。安物コンデジをして、このくっきりはっきりした写り具合を見て下さいよ。。。
すっかり夏の光だと思いませんか?
下りなのでそれなりに飛ばしているつもりなのですが、次々とロードバイクに抜かれます。両国橋手前で追い越された二人組のあとについてしばらく率いて貰うも、橋津原あたりで引き離されて再び一人旅。
そろそろ始まった渋滞の脇をソロソロ走って青山の交差点まで来ると、平野であった若者ローディーさん達がR412を厚木方面へ右折して行く所でした。
行楽の車がみっちり詰まったR413を暫く進むと暑くてボォ~ッとして来たので、森戸の酒屋さんの自販機でコーラを購入・・・(^ ^;) 相模原赤十字病院前のベンチで一休みする間にも、来るわ来るわ、ロードバイクの人が十数人通り過ぎて行きました。
座間上溝線からはお尻がそろそろ限界なので、あまり漕がず、惰性に任せて進んで、十七時帰着。

とりあえず今年初の200km超。目標にした250kmには、やはり3%ほど及ばず・・・
輪行も含めれば一日200km超のライドは伊豆一周以来、全走に限ると渡良遊貯水池を一周して帰って来た一昨年秋の1都6県一筆書き以来となってしまうという・・・いかに去年サボったかが分かります(^ ^;)

ともかく暑くて参りましたが、滴るような新緑と山里の佇まい、雲一つない富士を堪能することができた一日でした。



【当ブログ内の関連記事】
こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
富士山一周と富士五湖めぐり←新タブで2013年9月16日付記事が開きます。
富士山一周と富士五湖めぐり(ダイジェスト)←新タブで2013年7月3日付記事が開きます。
西川新倉林道・清八林道・御坂峠旧道(御坂隧道)←新タブで2012年6月26日付記事が開きます。
富士スバルライン(富士山有料道路)・富士吉田口五合目←新タブで2012年10月4日付記事が開きます。
新笹子トンネル ・ 御坂峠旧道 ・ 御坂トンネル ・ 篭坂峠←新タブで2011年1月6日付記事が開きます。

2 件のコメント:

横尾寿秋 さんのコメント...


またもや2時出発ですね~
もうそれだけでも凄すぎですよ!


なんと走行距離は、、241.5kmですか!
おおっ!12時間53分、、
隣の標高マークは累計標高!4138M!!!! 
って、、、とてつもなく疲れそうですね~

凄い長距離を長時間走り続けるというのには
毎度びっくりですよ!
いやぁ~真似出来ません!

茅葺屋根の風景はとても素晴らしいですが、
遠すぎて、私なら完全に車で行くという選択になりますね~



ボラザぢぃ さんのコメント...

タマチャリンさま

あと7km多く走るか、1時間早く走り終えることが出来れば取り敢えず目先の目標は達成できたのですが。(←こんな言い訳ばかり)
道の関係を勘違いして上芦川地区はスルーしてしまったのですが、茅葺の大屋根が残っているそうで、次回は是非、と思っています。
コメントありがとうございますm(_ _)m