2016年1月24日日曜日

皆壊しのバラード


寒暖計が急降下するとともに、更新すべきなのにネタの方は尽きて来て・・・
よせばいいのにまた、苦し紛れのイジリ壊しネタです(^ ^;)

本題に入る前にひとつお詫びを。
Googleさんの仕様変更によるものか(?)、ブログの記事にいろいろおかしな点が生じているようです。地図や高低図が表示されない、画像がボヤける、ガジェットでブログ内やリンクして頂いている先の検索が出来ない・・・等々。
ブログと連携しているGoogle+の新アプリも画像がぼやけたり、折角フォローさせて頂いている方のポストをストリームが省いてしまったり、ドライブに預けておいたデータの公開範囲が、何故か変わっていたりとか・・・
いちいち直す時が遠くなるような手間が必要なので、万に一つ復旧する可能性を期待しつつ、そのまま放ってありますが・・・
そんなわけで、ご迷惑をおかけしておりますm(_ _)m


【炭焼チャーシュー号】

昨秋箱根へ行く当日朝にパンクし、狭山湖に行った際はシフトワイヤー切れを経験させてくれた炭焼チャーシュー号。
そろそろトラブルが出始める時期ということでしょうか。
全部バラした方が安心なんでしょうが、面倒。なので、取り敢えずは対症療法を、つーことで・・・

チェコ製のRubenaなんていう、
エキゾチックなのが入ってました
バルブ根元に亀裂
空気圧が高すぎた?
リムテープの劣化?
それとも品質上の問題?

そんな訳で、信頼の日本製!もち、一番安いパナレーサーの25Cで交換!(^ ^;)

105のシフター(ST-5700)のワイヤー交換は初めてなので、シマノ ディーラーズマニュアル/ユーザーズマニュアル内ST-5700取扱説明書を教科書に、不明な点は適宜ST-5700部品展開図を参考にして作業を進めました。
↓↓↓以下のページ↓↓↓を利用する場合は冒頭の「重要なお知らせ」を熟読の上で、マニュアル厳守!!!


内側から見た所です
ブーツめくるとプラスネジが・・・
カバーを外すとタイコが現れました
軽くシフトしバーを動かして・・・
浮き上がった所を先細ラジオペンチで除去ディレイラー側のワイヤー留めを外して、
ワイヤーをアウターから引き抜きました
交換用インナー 2m
こちらの記事の時に比べ値上がりした模様
アリゲーターATB/MTB/ROADシフト用
インナーケーブル(モノタロウ)
外側から見た所
ブーツにXenonにはない突起が・・・
ズレ防止用なのかしら?
上から見た所
エアダスターでワイヤーのカスを
吹き飛ばして、テフロンを吹いた状態
再び外側から見た所  縦長の長方形の穴のうち、
右側(前側)に注目
ワイヤの先端がのぞいていますが、これは  ペケ!
ワイヤー巻きに正しく乗っている場合、
ワイヤーはこの穴からは見えません
・・・そうはいってもガイドに載せる為無理に
グイグイ押せばワイヤー先端がバラけてしまうのは必定
なので、左の様に台形の穴にアーレンキーか
マイナスの細いヤツを差し入れ、ワイヤーの先端を軽く押さえ
ながらワイヤを差し込んでいくと、上手くガイドに乗ってくれました
ココはおそらく、シフトアウターがハンドルの内側の肩を這わせてあるか、
外側の肩を這わせてあるかで違う部分
間違えるとあとが大変!(←経験者は語る・・・(^ ^;))


【ぶたバス号】

昨年ローテーションを行って以降、いくらも走っていないタイヤですが、最近は汗だくでインフレーターを突いても、指定空気圧(32Cは665kpa≒6.7bar≒96psi)まで入らなくなりました。
ゴムが劣化して固くなったのが原因でしょう。
前回交換後の走行距離は、GPSに記録が残るものを積算しておよそ5,400km。四年前同じパセラブラックスにて交換したのですが、今の前のタイヤが同じくGPSの記録を積算した数字で6,200kmだったので、単純な数字の比較では、今回取り外したものの方が、もちがやや悪かった・・・ということになります。
もっともタイヤ溝自体はまだいくらか残っているので、摩耗よりも経年によるゴムの弾力の低下の方が、おビンボさんが交換を決断した主な理由になるのですが。
この四年の間にチャーシュー号が増えてぶたに乗る機会が減っちゃったからなぁ・・・

テ  ラ  過  剰  包  装
KENDA KWESTとかコンチのTourRideとかの お ・ 安 ・ め  の候補の中から選んだのは、今回もやっぱりパセラブラックス32C・・・(^ ^;)
時期が悪かったのか、密林やモノタロウでは1本¥2kを越えていたので、税込¥1,850送料無料のヨドバシ.comで購入。翌々日届いたけど、鬼の様に緩衝材が入ってて、どうやって捨てればいいんだ?コレ。。。
いまアマゾンを確認したら¥1,682通常配送無料だそうで・・・(T T)

前後ともタイヤとチューブを交換
取り外したタイヤは溝が残って
いるので再利用
チューブは携行用の予備に保管
スプロケ洗浄・リムのカス除去
次回こそハブグリスを交換しないと・・・
リムテープもそろそろって感じですが、
いつもの手で補強して、裏返して再利用・・・
ジョンソンベビー叩いて組み付け
腋やお尻と共用
同じパナレーサーですが、
リムに固定するネジが円形になりました
少し高めですが・・・
新旧で違うロゴ
左が2015年購入・右が2011年購入のもの
左が新品で右の二本が5400km走行したもの
ローテーションしてたので、ほぼ均一に減ってる感じ
乗る頻度が少ない青ひげ号に組み付けます・・・


【青ひげ号】

丹沢山への自転車登山のあと暫く乗らずに放っておいたら、いつのまにか後輪のスポークが一本、右側のフランジの所で切れていました。
たぶん、前回気になっていたココ
(小声で)2本だけ交換しました・・・
スポークは全本数同時交換が原則そもそもあや取りはどーすんだとか、心配は尽きないことと存じますが、大丈夫、理屈じゃあないんです!

前回張り替えた梱包テープのリムテープ
10ヶ月・600km+ではまだまだ使えそうな状態
スプロケ洗浄・リムのカス除去
切れたスポークだけ交換
次はいつできるか分からないので一応、張り替えました。
安いとおビンボさんにも気軽に張り替えられるv(^o^)
重いですが・・・(^ ^;)
ぶたバスから外したタイヤはこちらに組付け
目一杯空気入れを突いても、このへんが限界・・・
上から2015年新品
2011年購入5,400km走行
2008年購入8,000km走行
一番下はさすがにお役御免
ブレーキシューがヤバイ・・・
塩水林道の下りで減りまくったか?
買い置きが無いのでリムへの当りだけ取り直し
モノタロウの激安シューをまとめて買っておくかナ・・・

冒頭の通りネタ切れなので、またしばらく冬眠します・・・m(_ _)m
大変申し訳ありませんが、しばしのご猶予をお願い申し上げますm(_ _)m

おかげさまで、励みになりますm(_ _)m

0 件のコメント: