2016年1月20日水曜日

山伏峠・正丸峠

ルートラボ版はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
撮影場所を参照できる写真付の地図はこちら(←クリックでピカサウェブアルバムへ移動します)


年が明けてしばらくは「三月並の気温」とかいっていたのに、月曜日はいきなりの銀世界。
気温が急に下がりましたが、みなさま体調など崩されたりしていませんでしょうか?
気温が徐々に下がりつつあった先週は、前回に比べ、ほんの少し行き足を延ばしてみました。

カレンダーにデッカく印を付けておいたのに、やっぱり起きられず・・・
出発が八時を回ってしまったので目的地を変えようかと思いましたが、ダメなら途中で引き返すことにして奥武蔵に急ぎました。
先週は府中街道で時間が掛かってしまったので、以前よく使ったルート(町田街道→R16)を再び走ります。三ヶ島ペダルの営業車の後に従ったり、前を走ったりして、瑞穂の二本木から八高線に沿って飯能へ。入間のお茶畑の向こう、遠くに富士山が顔を覗かせるほど、好天に恵まれてのサイクリングです。11時半に名栗街道。この辺まで来るともう、マスクを外せます。


  


先程までメーター読み25~6km/hで走ることが出来ていたのが、入間川沿いの道に入ると、20km/h+がやっとという有様。。。竹寺とか、タマチャリンさんが記事にしておられた栃屋谷線とかに後ろ髪引かれつつ、原市場を通過。今日は天気も良いし、五年半ぶりに刈場坂峠から山々を眺めたいと、道すがら思ってしまったものですから・・・
久林のバス停前から左岸の道へ。昔、国際興業のバスが離合に苦労しながら走っていた姿を思い出しました。名栗のランドマーク・鳥居観音の背景は抜けるような青空で、つくづく早起きできなかったことが悔やまれます。都幾川とか越生に降りたら、私の脚では今日中に帰ることは難しいでしょうし・・・ところで診療所脇の草っ原においてあった↓右下のこれ、一体なんなのでしょう???白土の陶土で作って干している最中に見えるのですが、大きさがちょうど自転車位あります。鬼瓦の様にも見えますが、輪になっている部分は芯入れないと潰れちゃいそうだし、そもそもこれが入る窯って・・・(゚Д゚;)輪の天辺辺りはコンクリートのようにも見えますが・・・Oh,アサショー!いずれにしろ、不思議な造形美を感じます・・・



南川に抜ける天目指峠の分岐を過ぎ、白岩・鳥首峠の分岐を過ぎると、さらに速度が落ちました。両側の山の日影に入ることが多くなって、ともかく寒~~~い!(((>_<)))今日ジャージの上に身に着けているのは、最近多かったウィンドブレーカーではなく、内起毛のライダーズジャケットですが、上りでもこんなありさまで、峠から降りる時の汗冷えがどうなってしまうのか・・・少し不安です。
いよいよ山伏峠。集落に差し掛かるとポカポカ陽が差して、有難く感じます。林業の里を謳うだけあって、製材所からヒノキの芳しい香りが漂ってきます。たしか、「西川材」という銘木だった筈。




沢を渡る場所なんかは、橋の路側に霜がみえますが、辛うじて凍結はしていませんね。
東京近郊から秩父や信州を目指すサイクリストの中には、ここを勘定に入れ忘れちゃう人もいるらしい程度の峠道なのですが、私には7~8km/hを維持するのがやっと・・・トホホ(T T)
途中に一箇所だけ、見晴らしを得られる場所がありました。
眼下は山里って感じだなぁ~
    ・・・・・・
    ・・・・・・
    ・・・・・・
・・・こうして少しでも脚を休めないと(笑




麓から4キロちょっとで峠。名栗側から上ったのは初めてだったのですが、白岩沢の分岐から35分・バスの終点から30分も掛かってしまいました・・・Stravaのセグメントでは辛うじて最下位じゃないぞ!わーいわーい
広河原・逆川林道の帰路に横瀬の方から上った時より、今回の方が辛く感じました。距離は若干延びるけれど、あちら側は正丸トンネルくぐるのと、大して変わらない印象だったのですが・・・
眺望もないし、日陰で暗い峠なので、お約束の写真だけチャッチャッと撮って、下ります。
寒~~~い!!




「名栗げんきプラザ」の前を右折して正丸峠へ。1キロちょっとの緩い上り坂を走って、十三時半過ぎに峠の茶屋に到着。切り通し脇から伊豆ヶ岳へ上る道が延びています。南西側に奥武蔵の山々・地平線上に薄らと顔を出した東京のビル群を眺めてカロリーメイトを齧ります。条件が良ければスカイツリーも見えるとのことですが・・・八時頃車でひげダンス踊る人達が集合する所ってイメージがあったのですが、冬枯れした木々の間を往く峠道は、大変雰囲気がよろしかったです。
下・り・が・寒・い・の・っ!






この峠道は正丸側の方が長くて、下る途中で三台ほど、車高が低い車が飛ばしてくるのとすれ違いました。おととっ・・・刈場坂峠へ上る道を探すうちに、正丸トンネルの坑口が見えて来てしまいました。今日初めてナビを取り出して確認。

どこ?

・・・えっ、これ上るの!?

5.5キロ×420m!?

  ・・・・・・

ポッキーーーンンッ!!(←何かが折れた音)

ペシャッ!(←失礼、もっと軽い音でした)

もう二時だし寒いし病み上がりだし陽も翳って来たし家まで70キロ漕がなきゃいけないし・・・心の中でありったけの理由を並べたてて、撤収・・・






背中にプレッシャーを感じながら、全然癒し系じゃないR肉球を飛ばし、1.5Hで飯能市街。去年越生梅林からグリーンラインを走った時工事中だった吾野トンネルが開通していました。止まってしまいそうなペダルを半ベソかきつつ回して、入間川から圏央道に平行する道を這い上がります。東京環状内回りは、二時間ほどで長距離トラックの川になる時間帯。車が巻き起こす 風に乗って、それなりにペースは上がります。上りも府中街道よりは速度を稼げそうなので、青梅街道はスルー。ぶたさんの「補給」は担担麺&ジャンボ餃子×4・・・(^ ^;)タプンタプンのお腹を押し込むように下ハン握って、懸命に漕いでも工科大学の坂は10km/hがやっと。。。町田街道に降りると集中力が切れてしまって、自転車が勝手に足を回してくれるスピードでしか走れません(>_<;)近所のスーパーが値札張り替える時間に、なんとか間に合いました。(^ ^;)

取り敢えず本年最初の100miですが、前回からほぼ四か月近く間が空いてしまったとは・・・一日に走ることが出来る距離という点でも、200kmが越えがたい壁になってしまいました・・・今日は密かに総平均16km/h・アベレージ20km/hを目標にして、為に写真もあまり撮ることなく本気で走ったのですが、↓↓↓この体たらく・・・↓↓↓
でも、三か月ほど具合が悪かった状態から、ほぼ回復出来たことが確認できたことだけでも、収穫はあったのかも。まあこの歳なので、体のどこにも痛みが無いという状態は望めないにしても、この趣味を続けて行く上で必要な、体力面での最低限の自信みたいなものを、おかげさまでいくらかでも取り戻すことが出来ました。
本当に感謝・・・でございますm(_ _)m

今日は夕焼けが綺麗でした。







【当ブログ内の関連記事】
こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
笹仁田峠・山王峠・天目指峠←新タブで2013年10月20日付記事が開きます。
大名栗林道・広河原逆川林道・有間峠・日向沢林道(埼玉側)←新タブで2013年1月13日付記事が開きます。
名栗湖(有間ダム)・有間峠・秩父さくら湖(浦山ダム)広河原逆川林道((前半))←新タブで2010年9月10日付記事が開きます。
奥武蔵グリーンライン ・ 名栗 ・ 成木街道←新タブで2010年6月3日付記事が開きます。
越生梅林・黒山三滝の天狗滝・花立松峠・八徳・子の権現(猿岩林道・奥武蔵GL・八徳入林道・子の山林道)←新タブで2015年1月28日付記事が開きます。

4 件のコメント:

横尾寿秋 さんのコメント...

170kmは凄いですよ
そんなに走った事無いです!
以前160km走った時には全身筋肉痛で
帰りにママチャリの老婆にも抜かれる有様でしたよ。
まぁ、間に山の中での色々な悪さもイケナイのでしょうけどね。
正丸峠からの299は下りといえどもウンザリするほど長いですよね。
この時期にあんな遠くまで行っただけでもすごく立派ですよ

ボラザぢぃ さんのコメント...

タマチャリンさま
ありがとうございます!
励みになります!
でも大きな声で言えないのですが・・・
ドロハンは距離走っても、比較的楽なんですよ、、、
(お尻の当たりを変えられるので・・・(^ ^;))
フラバーで160kmの方が想像を絶します・・・
まして、タマチャリンさんはサイクリングだけで
終わらないのでから( ̄∇ ̄;)
峰山の冒頭で触れておられた、INTER8さんも
フラバーですね。。。(゚Д゚;)
より速く・・・というロードの皆さんと違って、
ただ楽だからって理由で乗ってる私から見ると、
お二人とも凄い方だなと思います。
コメント公開大変遅くなってしまい、
申し訳ありませんでしたm(_ _)m

Hiro Abe さんのコメント...

初めて投稿します。山梨の安部です。ブログの方にはいつもコメントありがとうございます。
懐かしい山伏峠の写真ありがとうございます。
名栗の地名も懐かしい。
また状況が許せば一都四県一筆書きしたいです。
それでは今年も安全運転で行きましょう。失礼します<(_ _)>

ボラザぢぃ さんのコメント...

Hiro Abeさま
一都五県一筆書き走破の時はR299の正丸トンネルを走られたのでしたね。
そうかぁ~、山伏峠は因縁の場所だったのですね~(笑
“絡まる暑さ”の中走られたであろう名栗ですが、私が走った時は寒くて寒くて・・・(>_<)
奥武蔵の峠の中では抜群に眺望のよい刈場坂峠へ上るのは、今回断念してしまいました。。。
いつか自走で十石峠に挑みたいと思っているのですが、
去年は体調管理に失敗して果たすことができませんでした・・・(T T)
Hiro Abeさまもどうか安全運転で、今年も「アツイ!」記事を楽しみにしておりますm(_ _)m
コメントの公開と返信の方、大変、大変、遅くなってしまい、申し訳ありません!m(_ _)m
ありがとうございます!