2015年9月26日土曜日

葛葉の泉

ルートラボ版はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
撮影場所を参照できる写真付の地図はこちら(←クリックでピカサウェブアルバムへ移動します)



一か月以上更新が滞ってしまいました・・・m(_ _)m
そこそこ忙しかったものの、自転車漕ぐ時間が全く無かったわけではもちろんなくて、暑さを言い訳にしてサボっていただけなのですが・・・(^ ^;)
ただ、ちょっとした不注意から手を怪我してしまいまして・・・
切削屑が爪の下に刺さってできた傷を、軽く消毒しただけで放置していたら、幾晩か後爪の下で化膿し、気も狂わんばかりに痛み出しまして・・・(T T)
ロキソニンを噛み砕きながら仕事終わらせ、隣町の外科の先生に診て戴くと、親指の爪を剥がして膿を出さないと、痛みは治まらないとのこと・・・・(T T)

・・・そんなわけで、生爪をはがれました

思い切って爪を剥いでもらうと、意外にも痛みは治まったのですが、なにしろ右手なので、傷口が塞がるまでは焦ることの連続でした。物を握る時手に全く力が入らないのですね、これが。車の運転や自転車はハンドルに手を添えていればよいので、意外とイケるのですが、工具握ったり、食事で箸やスプーン持ったりという動作が、痛くて全然ダメ。携帯メールも左手じゃないとダメで、当然PCも指打ちになってしまいますし、いろいろ不便しました。。。(>_<)
そんなわけで、夏の終わりのライドを、すっかり涼しくなった今になって、ようやくご報告できる次第。

二時起きで久し振りの箱根へ・・・と思っていたのですが、目覚ましが鳴るのが分かっていても、体が重くてベッドから持ち上げることが出来ませなんだよ・・・ようやく起きあがっても纏わりつくような疲労で機敏に動くことができず、グズグズと支度を整え自宅を出たのが十時近く。厄介事が多くて、ストレス解消に是非ロングライドを・・・と、色々計画を立てて週末を迎えたのですが、やはりどうも、最近多い敗けパターンの気配が濃厚です・・・(^ ^;)
善波トンネルの上りでもペースが上がらず、二時間近くかかり秦野へ。予報に反して雲が多く、湿度が高いせいか汗まみれで、大して距離を走っていないのにヘトヘト。時刻はすでにお昼近く、最近さらに磨きがかかっているぶた脚で箱根に挑むならば、帰宅は真夜中近くになってしまう筈・・・なので、あっさりと箱根は諦め(^ ^;)行先をヤビツへ変更しました。
ただ、名古木は過ぎてしまったので、菩提から桜沢林道→表丹沢林道経由で上ることにします。



曽屋の交差点でR246を降りて、工業団地を北へ。↑こんな姿勢のペコちゃん&ポコちゃんって、ちょっと珍しくないスか?  えっ、そうでもない!?
・・・なら、べつに、エエよ(ショボン…

葛葉川と唐沢川が合流する、菩提の交差点で県道を外れ、坊坂を上ります。道の両側はお茶畑が多いです。秦野といえば、昔はタバコ農家が多かったらしいですが・・・葛葉川の右岸に出ると、勾配に喘ぎながら進むようになり、くず葉学園の手前で早くも押し歩きに・・・(>_<)




青少年の弾んだ声が響く、表丹沢野外活動センターから先が、いよいよ林道区間。葛葉の泉まで、暫くは真っ直ぐに杉林を上って行きます。四年前に走った時はゲートまで足つきなしで上ることが出来た記憶がありますが、もう、全然、ダメ。。。探索と思しいオフ車の人とか、水汲みの車の人とかの失笑を買いつつ、気息奄々自転車を押し歩き、ようやく葛葉の泉へ。観光センターから800mほどですが、15分も掛かってしまいました・・・




とんこつ出汁をたっぷり絞り出してしまったので、とるものも取り敢えず給水。登山のオジサンや沢のぼりと思しい若者の団体・車からポリタン降ろして並べる人に混じって順番を待つ間、ダンプカーが二台、砂埃を巻き上げながら林道を上って行きました。ゲートが開いているので、いつもなら躊躇なく先に進む場面ですが、今日は何となく、気乗りしません。。。たかだか40kmほどで疲れてしまったこともあるのですが、なんかこう、他人に頭下げたり、葛藤を感じたりって、ウィークデイで十二分に倦んでしまったというか・・・山の工事に携わる人は優しい方が多いので、私自身は嫌な経験をしたことが無いのですが、今日は一所懸命仕事されている人に面と向かって、林道通して下さいとお願いするガッツは、ちょっと無いかもしれません。。。



脇は三ノ塔に源を発する葛葉川の清流。折角なのでタオルを浸し、拭える部分だけ汗を落としながら思案します。お山の水は冷たくて、心も体も生き返るよう・・・自転車を漕いでいる時は特に意識はしていなかったのですが、清流にこうして脚を浸してみると、今日はここがゴールでも良いかもなぁ、と。




僅かな距離ですが炎暑の道行きを自転車で走り、脚の芯がジンッ!と冷えるまで流れに浸かっていると、ちょっと説明し難い充足感を得られたワケで。
・・・まあ、いつも通り日和ったといわれれば確かにその通りなのですが(^ ^;)

いろいろ負けてる人は、いろいろ安上がりに出来ているのです・・・

それにしても桜沢林道、以前来た時は真ん中位までは漕いで登ることができたんだよなぁ・・・たった四年で、激しく体力が落ちてしまったのだなぁ・・・(溜息

一日100kmが、とても、とても、高いハードルに感じられる今日この頃・・・です。(T T)








【当ブログ内の関連記事】
こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
以前、桜沢林道を走った時の記録←新タブで2011年7月11日付記事が開きます。
羽根林道 ・ 水沢資材運搬路 ・ 唐沢林道←新タブで2012年3月14日付記事が開きます。
萩山林道 ・ 表丹沢林道 ・ 菩提林道 ・ ヤビツ峠←新タブで2010年5月8日付記事が開きます。
向山林道・小玄台水源林管理道・大音沢沿いの?林道・菩提の?作業道←新タブで2015年4月4日付記事が開きます。
矢倉沢往還の善波峠・雪のヤビツと服部牧場←新タブで2014年3月12日付記事が開きます。
浅間山林道 ・ 阿夫利林道←新タブで2010年5月8日付記事が開きます。

2 件のコメント:

横尾寿秋 さんのコメント...

葛葉の泉、、、良いですね
鶴見川源流の泉とは大違いですね。
山蛭はこのエリアは大丈夫なのでしょうか??

ちょっと乗らないと100kmはすぐにキツくなりますね。

そう言えば以前12kmジョギングをして家に帰ったら足の爪が剥がれたことが
ありますけど
不思議と全く痛くありませんでした。
手は、、痛そうですね。

タマチャリン

ボラザぢぃ さんのコメント...

タマチャリンさま

いつもコメント公開遅くなり、申し訳ありませんm(_ _)m
・・・12kmって、ジョギングの距離なんですか!?
健脚でいらっしゃる筈ですね(゚Д゚;)
イヤイヤイヤイヤ~、脚の爪だって痛い筈ですよ~(>_<)
元々ちょっとしたキズでも膿みやすい体質なんですが、今回は猛烈に痛かったです・・・(T T)

山蛭・林道にはいませんでしたが登山道は・・・近くですと、え~と、例によってまた聞き情報なんですが・・・蓑毛からヤビツに登って行く道なんか、多いと聞きますが・・・
どうなんでしょう?