2014年1月15日水曜日

下半期の整備いろいろ

【炭焼チャーシュー号】


概要 ; 殆ど新車なので美観に関する手入れのみ。名栗でコケて作ったキズ直しと清掃。
購入後走行距離 ;  1,250km
課題 ; 特になし。異音も解消されて絶好調。これで6万円はお値打ちでした。

カーボンは水に弱いらしいので、例によって二液のウレタン塗料を使って補修。
思いきりペーパー掛けするのも怖かったので、よく見るとガタガタです(^ ^;)

【ぶたバス号】 


概要 ; 主に、稲子湯から松原湖に下る途中でクイルのクランプを中心に下向きに曲がったハンドルの修正。
前回整備後走行距離 ;  約2,500km(2012/4~)
内容 ; 後シフトインナー交換(※ここのみ7月末)
    ハンドル修正
    ハブ清掃・グリス交換
    フレ取り(5mm程度の横振れ)
    タイヤ前後入替
    エルゴレバーのブーツ破れ補修(ビニールテープを巻いただけ・・・)
    清掃・特にリムのゴムカス取り
課題 ; 後シフトアウター交換=バーテープ交換(インデックスレバーへの差し込み部分が潰れて来ている・・・)
    エルゴレバーのゴムブーツ交換(交換部品高価過ぎ!!!)

写真を撮り忘れたので、前回行った際の写真を流用させて戴きますm(_ _)m

ハブ清掃・グリス交換


3300系ソラのハブ分解図(pdfファイル)⇒前ハブ 後ハブ
廃チェーン巻いてスプロケットを固定し、
工具を差してロックリングを外します
モンキーレンチ
ロックリング回し・廃チェーン
スプロケは洗浄⇒塗油
玉押しに切ってある溝に薄歯レンチを
差して固定し、ロックナットを反時計回りに
緩めて嵌合を解きます。
3300系ソラのロックナットは前後共17mm
玉押しの二面幅は前;13mm後;15mm
薄歯レンチはダイソーのに手を加えて使用
フリーホイールボディの反対側の玉押しを外して
フリーホイールボディ側からハブ軸をゆっくり引き抜きました
後フリーホイールボディ側の玉押し
後のフリーとは反対側の玉押し
虫食い等は無い様子
玉を失くさないよう
ドライバーなどで慎重に取り出します
グリスで分りづらいですが、
ボールは後ハブは片側9個で合計18個
前ハブは片側10個で合計20個
洗浄油(灯油など)でグリスを落とします。
火気厳禁・専用容器で保管すれば
何回も使い回し出来ます。廃油は業者へ。
後ハブのボールは1/4インチ≒6.35mm
前ハブのは3/16インチ
フリーホイールボディ/ワン(ボールハウジング)を洗浄後
新しいグリスを充填して
組み立てます。
左右にガタつかず、かつ軸を回して
あまりゴリゴリしない程度に玉押しを調整し、
最後にロックナットとしっかりと嵌合しました
斥力によって位置が固定されます

その他


左;後輪  右;前輪
駆動力が掛かる後輪は前輪よりも消耗が早いので、定期的に前後を入替えています。
だって、勿体ないんだもん。。。
リムのブレーキカスを取り除き、リムテープを引っくり返して、チューブにシッカロールはたいて、完成っス。。。
「フリーは?」とツッ込んだあなたに三千点。

【緋襷号】 


概要 ; 太平洋の潮風に洗われ、満身創痍。。。ラピッドファイアーのレバーを押し込むと戻らなくなる奇病も。
前回整備後走行距離 ;  300km未満(2013/4~) 前回も大手術でしたが・・・
内容 ; 後シフター(ラピッドファイアー)交換
    後シフターインナー&アウター交換
    ディレイラーハンガー交換
    ブレーキパッド交換    
    ハブ清掃・グリス交換
    フレ取り(5mm程度の横振れ)
    タイヤ前後入替
    清掃・注油
課題 ; 無いと信じたい。。。

後シフター及びインナー&アウター交換


リターンスプリングが
折・れ・て・い・る!
8速のDeore物色⇒高価っけー!⇒Aceraでいいや・・・⇒
『ナチュラム』でSL-M310-8ポチッ!⇒5,000円以上送料無料なのでジャージもポチッ!
・・・かる~く金銭感覚狂って来てるかも知れない(^ ^;)
翌々日に届いたブツで早速作業開始。
バーとグリップの隙間にシリコンを吹いて剥き剥き・・・
なんか、卑猥。 ブレーキ本体からワイヤを外し、アウターごとブレーズオン(アウター受)から外しました。
ブレーキのアウターはまだ大丈夫そう。
後ディレイラーからワイヤを外し、同じくアウターごとブレーズオンから外す。
こちらはひび割れてて要交換。
ようやくシフターが外せました。
長い間ご苦労さま。
精根尽きてます。
インナー・アウター共ゴミ箱行き。
エンドキャップは外して保管(←ゴミ屋敷病!)
SL-M310-8
インナー・アウターもセットになっています。
ラッキー
端点のワイヤがばらけるとインナーがアウターに通らなくなってしまうので、シフターに近い方のアウターから順に慎重に作業します。エンドキャップはこの段階ではまだアウターに嵌めず、先にインナーを通してしまった方が鉄板だと思います。あと、アウターの中にワイヤグリスやシリコンを吹いておくと、断然軽くシフト操作ができます。 必要なアウターとキャップすべてにインナーを通してから、自転車に組み付けます。
ディレイラーの調整が終わるまで、余分なワイヤーは切らずにおいた方がいいかも。。。

その他


モノタロウで購入したAlligatorのVブレーキシュー(¥297)
JagwireCOMP-MOUNTAIN(;¥425)は2,000km近く保った模様。
左;前輪  右;後輪
2012/2にMAXXIS  CROSSMARK(;¥2,010)に交換後2,100km+走行。
十時マークの減り具合の違いに注目。
新旧シフター比較。グリップに注目。
「捨てろよ!!」と叫んだあなたに、心からの敬意を送ります。

【青ひげ号】 


概要 ; 代替により出戻り。ともかく乗り心地が固くてダメだったらしい。。。そこそこ軽いので、余生は輪行専用機材として活用予定。
前回整備後走行距離 ;  約1,200km(2012/2~)
内容 ; 後スポーク交換(※ここのみ8月)     フレ取り(5mm程度の横振れ)
    清掃・注油
課題 ; バーテープが流石にばばっちくなって来ました・・・

チェーンステイの補修


調色ドジったっス(T T)