2013年9月14日土曜日

麦草峠・白駒池・白駒林道・野辺山高原 撮って出し

ルートラボ版(含・輪行区間)はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
ルートラボ版(輪行区間削除済)はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
撮影場所を参照できる写真付の地図はこちら(←クリックでピカサウェブアルバムへ移動します)

国道が通る場所としては先月訪れた渋峠(2,172m)に次いで標高が高い、北八ヶ岳の麦草峠へと行って来ました。始発電車で輪行し、茅野駅を9時過ぎに出発。蓼科別荘地内の勾配に苦しめられましたが、数度の休憩を交えつつも押し歩きなしで13時前に峠に到着。駐車場に自転車を置き、日本一標高が高い湖だという白駒池のまわりを歩きました。あいにくの曇天ですが、トウヒやツガの森に囲まれ静かに水をたたえている神秘的な湖でした。白樺湖や蓼科湖みたいに俗っぽくないのが◎。白駒山荘で昼食後、15時前に峠下りを開始。途中から県道を使って松原湖へと下る予定だったのですが、麦草峠から4キロほどの場所で面白そうな林道を見つけ、入ってみることにしました。稲子湯温泉に続く7キロ弱の穏やかなダートですが、1900m~1500mの樹林帯を抜ける素晴らしい道でした。私は稲子湯温泉の分岐から降りて来てしまったのですが、帰宅後調べると本沢温泉へと上るトレイルに入ってすぐの場所に森林鉄道の軌道跡がレールが敷かれたまま残っているそうで、折角のチャンスを逃し、惜しいことをしてしまったなぁ・・・とorz16時前に稲子湯温泉を通過してからは舗装路を快走。有名な本沢温泉の分岐を過ぎ、松原湖経由でR141へ。10キロにも及ぶ林道の下り坂や、それに続く野辺山高原への登り返しですったもんだがあったのですが、真っ暗になってしまった道をなんとか韮崎駅まで漕いで19時半前の列車に間に合いました。
例によって記念写真をお願いしたり、管理されている方のご厚意で、なんと本来二輪車有料の駐車場にロハで停めさせて戴いたりと楽しい一日でしたが、一つだけ残念なことが。
林道に入ってすぐトップチューブに付けたバッグが開いていることに気が付きました。しまっておいた筈のワイヤーロックがありません。。。(T T)ホムセンで買った安物で、どの位使ったか思い出せない位古く、ボロイ鍵ですが、あちこち連れ歩いた相棒を守り続けてくれた思い出深い品。。。戻って探せばよかったと言われれば確かにその通りなのですが、その場では林道がどの位続くか不明で時間も押していたので・・・もし万一、白駒池駐車場から第49号カーブの間で青いワイヤー錠を見かけた方は、警察に届けて戴くと、とても、とても有難いですm(_ _)m何かしまらないお願いになってしまい恐縮ですが、詳細は例によってのちほどレポします。