2013年8月7日水曜日

乗鞍敗退・・・松本⇔梓湖・乗鞍高原 


ルートラボ版はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
撮影場所を参照できる写真付の地図はこちら(←クリックでピカサウェブアルバムへ移動します)


暑中お見舞い申し上げます。みなさま元気にお過ごしでしょうか?先月末~今月とゲリラ豪雨が中国・山陰に大きな被害をもたらしたり、隅田川の花火大会が中止になってしまったりと不安定な天気が続いていますが、私は今回、ものの見事にやらかしてしまったようで…
長い間憧れていた乗鞍・畳平ですが、輪行するにしても私の実力では日帰りは絶対無理なので情報を集めつつも迷っていた所、「乗鞍に行きたいよ~」と騒ぐ私を見かねてか、忙しい時期であるにもかかわらず「行って来なさいよ」とのありがた~いお言葉。背中を押される形で決行を決め、1日目に松本→奈川渡ダム→乗鞍・畳平→高山・2日目に高山→安房峠→上高地→松本の160キロを走る計画を立てました。8月2日の天気予報では、松本・高山とも翌週は後半より前半の方が天気が良いとのことだったので、8月5・6日と日程を定めて高山に宿を予約。常々ご覧いただいている通り超鈍足(^ ^;)ですので、大弛や富士山五合目に行った際の実績から考えて、奈川渡ダムまでの30キロ強の区間で12km/h・畳平までの35キロの区間で4.5km/hと巡航速度をそれぞれ計算すると、畳平までの所要時間は10~11時間となります。畳平から高山までの15km/h・4hと合わせると15~16時間かかる計算となり、夕方チェックインするには5日の真夜中に漕ぎ出さなければなりません。4日の終電で松本に移動する直前、夕刻にウェ〇゛ーニュース・日本気〇協会・〇ahoo天気のサイトを確認した所では、5日が曇りか曇りのち晴れで降水確率20もしくは40%・6日が晴れか曇りのち雨で降水確率も同じく30~40%の予報。嫌な予感はしたのですがもうキップも宿も手配してしまったし・・・
私が持っている自転車の中では一番重いぶたを詰めた輪行袋を引きずって中央線に乗り込み、真夜中に辿り着いた松本は無情の雨・・・!
5日午前0時~6時の予報を「曇り」・6時以降晴れと表示するウェ〇゛ーニュースを信じて駅前ロータリーで2時間ほど待ちましたが雨が止む気配はなく、この時点で一度中止を決断。宿に電話を入れると、真夜中のドタキャンにもかかわらず、快く対応して頂きました。せめて夕方の時点で決断できていれば、その分いくらかでもご迷惑掛けずに済んだだろうことを思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。と、先ほど解いたばかりのパッキングを始めた途端、雨がやや小降りになりました。このまま帰ってもキップ代をドブに捨てるのと同じですので、万に一つの可能性を信じて野麦街道に自転車を漕ぎ出します。乗鞍エコーラインは時間雨量が10mm以上の場合ゲートが開きませんので、せめて上高地でもと思い雨の158号線を西に漕ぎ続けますが、顔に当たる雨が弱くなったと思う次の瞬間には土砂降り。島々を過ぎて梓三ダムの最初のダム(稲核ダム)に差し掛かる辺りは灯り一つなく、墨を流したような闇の中を這うようなペースで進みます。時々ぶつかりそうになるガードレールの向こうからは水音だけが響いてきます。道の駅風穴の里で5分ほど小休止して奈川渡ダムへ。堤体の上を走りトンネルを幾つか抜けると乗鞍エコーラインへの分岐。2時間半ほどで着いたのはほぼ事前の読み通りですが、ナトリウム灯に照らされて光る雨粒が、4時を回ると再び目立つようになって来ました。この雨量では18キロ走った先にある釜トンネルを抜けるのも無理だと感じたので、雨量規制の起点である三本滝ゲートに目標を変えて再び走り出します。トンネルを二本潜ると九十九折れの道。美しい御池を過ぎると苦手な真っ直ぐ系。長かった夜が明け、周囲の景色が良く見えるようになって来ましたが、雨の方は相変わらず。道の両側はペンションが多い感じですが、「番所大滝」の案内板に目が留まります。前川渡大橋から三本滝ゲートまでは約12キロで、手元の地図によると「番所大滝」はほぼ中間点位置していますので、この一時間ほどで4キロ足らずしか進めなかった計算になります。
ガックリ。
予報を信じるならそろそろ雨が止んでもいい筈ですが、楢ノ木坂まで来るとむしろ雨脚は強くなり、霧も出て50m先の道も輪郭を失い、滲んだように見通しが効かなくなって来ました。県道手前からウィンドブレーカーを羽織っていますがともかく寒く、5:40スーパー林道交差点の手前1キロで無念のリタイヤ。下る途中でも雨は強くなり続け、駅に戻った時は土砂降りになっていました。というわけで、天気予報が悪い方へと急変する中で中止の決断が出来なかったばかりに、金と時間と労力を無駄にするだけの結果に終わってしまったわけですが、判断を誤ったのは結局、私自身です。文句は言えません。
なにィ、松本・高山とも7日から丸々一週間「晴」だとオ~(怒)
某国営放送の気象予報士が夕方の予報で「五感を大切に」とか吐かしてましたが、完全に「投げちゃってる」としか思えない発言。
気象予報士の皆さまの夏休みが有意義でありますよう、陰ながらお祈り申し上げる次第です。。。