2013年7月10日水曜日

牧馬峠・上和田(牧野)・日連・日影原(名倉)・菅井・伏馬田 藤野の通ったことのない道をぐるりと散策


ルートラボ版はこちら(←クリックでルートラボへ移動します)
撮影場所を参照できる写真付の地図はこちら(←クリックでピカサウェブアルバムへ移動します)


今年の梅雨は雨が少ないような気がしませんか?例年に比べて湿度が低いせいか、関節の痛みが少なくて助かります。去年は酷かったのでなおさら・・・
四時起きで出発する筈が、また寝坊したよ~(T_T)行先は、近くなのにいまいち道がよく分からない牧馬峠周辺。中央道上り方向が混む時、秋山道を抜け道に使うかたは多いと思うのですが、私の場合この近辺で迷ってしまうことが多いのです。「目の玉にハエが止まる」と揶揄されている人間には、自慢じゃありませんがカーナビ見ながらの運転なんかできません。。。いつも通り過ぎてしまう場所ですが自転車のスピードならば良い場所を見つけることが出来るかも・・・という期待を胸に、八時半自宅を出発。富士山一周した時着たウェアはまだ洗濯機の中・・・なので、ユニクロでいいや。途中寄り道して届け物があるのでいつもと異なりR16を北に走り、橋本五叉路から長竹川尻線へ。急ピッチで圏央道の工事が進む新小倉橋を渡ると早くもインナーの出番で、ヘコヘコ漕ぎ進みます。今日はお供は老いても忠実なぶたバス号。白いクロモリバイクの方が結構なスピードで追い越して行きます。出発前チェックした午前中の予想気温は28℃といったところでしたが、まだ体が熱さに慣れていないらしくて長竹手前の坂で汗まみれになってしまい、30キロ/二時間に満たず最初のコンビニ休憩。午前中からアイスを貪ります(^ ^;)二回目の週末なのでロードバイクの人達で混んでるだろうな~と覚悟しつつ道志みちに入ると、意外にも牧馬峠/鳥屋入口までの3キロちょいの間にお会いしたのは茶色のランドナーに乗った男性一人だけ。前後のキャリアにバックを積んだツーリング・スタイルがすごくカッコイイ!梶野の交差点でr518へ曲がると、矢継ぎ早に「大型車通行不可!」「ガケ崩れ・片側交互通行」というものものしい標識が現れます。道志川を渡るといよいよ最初の峠上り。車で来ないのを幸い採石場脇をジグザグして、同じように蛇行する道志川を見渡す場所まで漕ぐと、道脇にスクーターの男性が止まっているので挨拶。お話しすると自転車でもよくこの辺りを走られるとのこと。茨菰(ほおづき)山手前に広がる青野原をフレームにおさめ、走り出してすぐビアンキのクロスバイクの方とすれ違いました。道志みちを離れてから30分ほどで峠。脇に立つの案内板によると、牧馬峠周辺はアゲハチョウ科に属するギフチョウの太平洋岸における分布の東限に位置するとのことで、その可憐な姿から「春の女王」と称されるこの貴重なチョウを県は天然記念物に指定し、保護しているとの由。何故かH形鋼二本で幅が制限されている例の場所を過ぎるとすぐ、5台ほどロードバイクが連なって駆け抜けて行きました。交互通行の規制が敷かれている場所は50mほど。ノンスリップ舗装のボツボツに揺すられながら篠原地区まで下った後、r517を奥牧野方面へ。篠原川を渡って500m程の三叉路を「東尾垂の湯」の案内板の方向へ曲がると、3キロ弱のあいだ鉢岡山を南東を通る1.5車線の山道が続きます。全線舗装されてはいるもののやや荒れ気味、切り通しや手強い九十九折れが現れる林道の雰囲気が濃い道です。インナー×ローで四苦八苦している最中、前方に気配を感じて脇によると、案の定見通しの悪いカーブからロードバイクの集団が現れ、猛烈なスピードで坂を下ってゆきました。皆さんどの顔も真剣で、ビリビリするような緊張感が伝わってきます。林道と生活道の中間のような、マイナーな道だと思っていたのですが、良く知られた練習コースなのでしょうか?県道から10分ほど走り、雑木林から杉林に変わる場所がこの道のピークのようです。秋山川と川上川の出合に架かるアーチ橋が見えるとすぐ県道。山北藤野線を北に向かい、正午過ぎ日連の藤野小学校前に到着しました。
朝方は一面雲が広がっていた空から陽が差し始め、この一時間ほどで体感気温は急上昇。先ほどから右のインデックスレバーを握る中指にチクチクとした感触があり、後シフトワイヤーがほつれ始めていることが分かったので、自転車の点検とルートを検討するためにも、スリーエフで本日二度目の休憩を取ることにします。「BIGスイカバー」を齧りながらインデックスレバーのブーツをめくると、切れているステンレス線は2本だけで、ワイヤー自体はまだ当分持ってくれそう。買物をして店から出ると、サンバーに乗ったオトーサンに声を掛けられました。
ひと通り天気の話をした後どこへ行くのか訊かれたので、当初の予定通り名倉を通って秋山道に出るか、甲州街道に出て相模湖通って帰るか、なお迷っていることをお話しすると、もっと良いコースがあるといくつか道を教えて頂きました。和田峠と栃谷坂沢林道のほか、地図に載っていない山越えの道があるとのこと。お話を伺う限り自転車で入って問題ない道らしいのですが、トレイルに毛の生えた程度の、ぶたバスでは辿るのが難しそうなルート。今度緋襷号で出直すべく、地図を手に目印など丁寧に教えて頂きました。山菜取りや刈払いでほぼ毎日山に入られている由で、今日は朝一番で峰山の天辺まで登って来られたとのこと。「俺ももう少し若けりゃ自転車で山走るんだけどなぁ~」と仰るので、失礼を承知でお歳をうかがうと75歳(!)との答えが返って来ました。背筋はシャンとしていらっしゃるし、全然そんなお歳に見えませんワ~( ゚д゚)
そうこうしているうちにも日差しはいよいよ強くなり、「梅雨、終わっちゃったんじゃないの?」という雰囲気。「梅雨明け十日は日差しが強いって昔から云うじゃない?ひょっとして」とは、オトーサンの顔見知りらしいサンクスのおかみさん。自転車を楽しむ立場からすれば有難い話だけど、渇水とか大丈夫なんすかねぇ。ワイヤーが切れてしまったとしても、ウェストポーチに入れた輪行バッグを使えば済む話ですので、折角の好天の下予定通りシュタイナー学園を通る道に向かうことします。元気をもらって出発!
南側に旧橋の橋台が残る橋で秋山川を渡り、名倉へ。「秋山川」に架かる橋の名が「秋川橋」???息を切らして段丘を這い上がると、視線の先には「芸術の道」の案内板。旧藤野町名倉地区に31点の野外環境彫刻が展示され、大刀~葛原~芝田の各集落を結ぶ案内板に記されたルートを辿ることで、全点を鑑賞することができる・・・らしいです。一度こんなテーマで自転車漕ぐのも面白いかも。500mも進まないうちに、高さ2mほどの鹿のオブジェが出現!体を捩って虚空に角を突き立てているかに見える像の銘板には、ジム・ドラン氏作「カリブー」とあります。桂川の対岸に伸びる中央道・甲州街道を眺めるココを南へ折れて、本日二度目の峠上りを開始。「ロズウェル」?みたいなオブジェ(田辺光彰氏作「芽軸」)に驚かされつつ十分足らず漕いで、切り通しに到着。先ほどの案内板によると「名倉峠」というポイントらしい。少しだけ下るとシュタイナー学園前・・・さすがダイマクション・ハウスだよ宇宙船地球号操縦マニュアルだよと独り言しつつ、野の花が咲く高台の道を走ると、半鐘の櫓が懐かしい感じの消防団詰所の前で別の道に突き当たりました。東に行くと芝田を通って先ほどの秋川橋へ出るらしいので、右へ。緩やかなアップダウンを繰り返す道で、見晴らしの良い葛原地区を抜けると100mほどで二つ目の切り通し。ひんやりと涼しい杉林を下ると「←牧野  里山ハイク」という道標が現れました。慌てて地図を確認しますが、牧野に抜けられる道など載ってないし・・・(^ ^;)
っていうか、ココどこ?(^ ^;)
お茶畑が整然と刻まれた谷の向こうに、五階建て位の立派な建物が見えます。山の中なのでホテルか旅館に思えますが、持参した地図にはそれらしい記載が見当たりません。GPSロガーで方位を確認すると、道標が指す道は東に、今まで走って来た道は南西に向かって延びているようです。一度秋山道に出なければいけないので、方角から云えば西に向かうのが正解の筈ですが。。。
急勾配で谷へと駆け下ります。秋山川なのは間違いないですが、一体どのあたりだろう?いよいよ橋が現れましたが、周りの景色が凄いです!橋の北側は河床から30~40mはあろうかという垂直の断崖・南側は岩を割いたような河谷の先に二段になって下る緑の淵。たかだか50キロほど自転車を漕いだだけでこんな素晴らしい水の風景を見ることが出来るなんて、なんだか得した気分です。対岸に渡ると案の定、深い切り通しの底を喘ぎながら上ると、200mほどでT字路に突き当たりました。秋山道だろうとは思いますが、どこに出て来たのか?同じように迷っているハイカーらしい男性に道を尋ねられました。いや、こちらも迷っている最中でしてお役にたてず・・・m(_ _)mお仲間と高倉山を一周されて、日帰り温泉に向かわれている途中との由。お話している最中に、道脇で作業されていた産廃処分場の人が温泉まで車で送ってくれることになったとお仲間から声が掛かり、挨拶してお別れしました。仕事中に送ってくれるとかどんだけいい人なんだよ~うらやましいなぁ~
T字路から一旦北に向かいますが、100mほどで再び橋を渡り、その先は山に入って行く雰囲気。先ほどホテルっぽい建物の方角に向かった方が正解と思い直します。引き返して五分足らず漕ぐうち、見慣れた風景が広がる場所へ出ました。地図を辿ると最初に計画した通り、秋山温泉の東側で秋山道に合流していたのですが、何故思い違いをしたのだろう?地形のせいでしょうか?
秋山川の谷底に向かって、名倉の日向地区からは先ほどのハイク道が、牧野の吉原(きっぱら)地区からは道志第一発電所の下まで道が延びていて、いかにも橋が架かっていそうな雰囲気だけれど、実際の所名倉と牧野を結ぶ橋は先ほどの絶景に架かる一本きりらしい(市道葛原日向線の明王橋)。対照的に、秋山トンネル・桜井隧道にしろ舟久保と奥牧野の間に架かる橋にしろ、県道が通っているのにわざわざそれを迂回するように二本ずつ造られているのは何故なのか、前から不思議に思っていたのですが・・・秋山川がたかだか1キロ流れ下る間に、安寺沢川・綱子川・金山川が次々と合流して複雑な地形を作る場所だったのですね。自転車で秋山道を使うのは大体奥牧野のバス停から西側ですし、それにも増していつも漫然と走っているので、今まで気が付かなかったのですが。。。
奥牧野から再びr517に入り、今度は相模湖方面へ。例の前川橋の下流に架かる梁瀬橋を渡ると二十曲峠へ行った帰りに泣かされたダラダラ坂。ブルジョワの遊び場を過ぎると石老山や石砂山を見晴らしながら堂地集落を駆け下る爽快な道になります。山梨・長野のみならず、静岡・神奈川でもいよいよその姿を目にする機会が多くなってきたHDSで本日三本目のペットボトル補給。二十曲峠の帰りは藤野へ下ったr76を右に曲がって、本日三度目の峠上りを始めます・・・
何度目かの道ですが「やまなみ温泉」を過ぎるともうヘロヘロ、GPSのメーター読みで10km/hを越えることすら稀・・・という有様。非常に緩やかな勾配ではありますが、東向きの斜面に広がった貸農園脇を通る坂道は、夏の午後の日差しをいっぱいに浴びて、ものごっついポカポカ状態。川上川に沿って遡っている筈なのですが、全然その姿を見ることが出来ません。国鉄の有蓋貨車が路傍に置かれている場所から少し進んで、たまらず降車。「こんにちは~」というさわやかな挨拶と共に、TREKを操るペアが追い越して行きます。ぶたは肉汁を滴らせながら押し歩き・・・orz馬本の県道交差点から30分以上も掛かって、ようやく菅井トンネルに到着しました。
トンネルの中に入ると外の暑さがウソのよう。一昨年走った時もここの涼しさをまるでご褒美のように感じたものですが、車の行き来が少ないにも関わらず暗い印象がないので、大好きなトンネルの一つです。改良の話もあるようですが、今の雰囲気は変えてほしくないな~
また会いに来るからね。
来た道を少し戻って菅井下のバス停前から東に延びる道へと入り、道志川を挟んで青野原の反対にある伏馬田へ向かいます。
杖を突いて歩くお爺さんとすれ違ったので挨拶すると、腹の底から湧き出てくるようなお返事を頂きました。細っそくしか出ない自分の声が恥ずかしくなります。。。5~6軒程の家が軒を連ねる場所に現れた分岐に、教育委員会が立てた「伏馬田城址(烽火台)」と題する案内板がありました。そういえば、菅井下の県道脇に「これより五町  尾崎城 城下町」という木標が宿場の常夜灯と共に立っていて以前から気になっていたのですが、戦国時代・道志川沿いの甲州との往来を見渡すことが出来るこの場所に、小田原の
北条家の家臣である尾崎氏が城を築いて国境を守っていたとのだそうです。「憲政の神様」と呼ばれるあの尾崎行雄は、北条氏が滅亡した後又野村(旧津久井町又野)に移り住んだ一族の末裔なのだとのこと。翁の詠んだ歌が紹介されています。
    中興の 祖という人の城の跡 / 尋ね来にけり 風薫る日に
道沿いが尾崎原で、城址(尾崎峰)は分岐を左に400mほど上った場所のようですが・・・無理。
菅井下の集落が切れると、杉林を抜ける涼しい道。思ったほどには道志川の眺望は得られませんが、なかなか味のある切り通しが三箇所ほどあり、車の往来がほとんど無いこともあって、気持ちよく走ることが出来ます。途中に庚申塔と金剛様。3キロ弱・15分ほどで伏馬田まで下りて来ることが出来ました。集落の前後は緑濃い桜の並木で、春はさぞ見事なことでしょう。バカンス村の橋を渡って道志みちに戻る場所で、カワイイ案内板がハイカーを励ましていました。
道志みちに戻ってからはいつも同じコース。横山~座間は下り基調にもかかわらず15km/hに届かない速度で巡航・・・北里大学の交差点を過ぎた場所で、青い作業着姿を満載したハイエースが追い越しざま路肩に寄せて急停車し、こちらも急ブレーキ+歩道に乗り上げて回避。あぶなかったぁ~
R246の目黒交差点にさし掛かると、ママチャリのペダルをブン廻してムキになって追い越して行く小学生に遭遇。なんか、最近こういう子っていなくなりましたよね。大人げなく追い越したらすごく悔しそうな顔しててめっちゃカワユス。おやぢ泪目・必死だったのはナイショ。今日追い越すことが出来た自転車乗りは、彼だけだったこともナイショ。
午後六時過ぎに帰宅。トップチューブが汗でヌルヌル~(^ ^;)
正直言って、あまり期待しないで出かけたのですが、藤野にはとても気持ちよく走れて、楽しめる道がたくさんありました。
少し走るだけで、思いがけず山に分け入った雰囲気を味わうことが出来ましたし、なによりお会いしたみなさんにフレンドリーに接して頂けたことが◎。願わくは、ずっとこのままで・・・・生意気に聞こえたらゴメンナサイm(_ _)m
日連のオトーサンに教わった道は、宿題とさせていただきます。m(_ _)m
ありがとうございました!
あと、やっぱ梅雨明けでしたね。。。
【当ブログ内の関連記事】
こちらも宜しくお願いしますm(_ _)m
旧藤野町といえばココ  和田峠←クリックすると2009年11月15日付記事が開きます。
佐野川から明王峠下を通って美女谷温泉へ・・・  栃谷坂沢林道←クリックすると2010年6月7日付記事が開きます。
ミスコース!菅井・綱子トンネルを通って秋山へ  忍野 ・ 山中湖←クリックすると2009年10月24日付記事が開きます。
青根から奥相模湖北岸へ渡り綱子へ  大川原天神峠←クリックすると2012年6月10日付記事が開きます。
山北藤野線を奥相模湖へ菅井トンネル・天神トンネル←クリックすると2011年6月22日付記事が開きます。